自己肯定感が上がりました|Y.Kさん|9期生



今回は本当にありがとうございました。

谷先生をはじめ、プレシャスマミーの方々のメルマガも拝読しているし、

知識としては知っていることも多かったので、正直どうなのかなーと思っていましたが、

実際に手を動かしてみるとより自分の腑に落ちる感覚がありました。


●修了課題1 (lesson1-1)

1.東大脳が育つ子育てをしている 8→7

2.自らの人生にミッションを持ち、社会貢献している 3→6

3.意識高く、内面外面を磨き続けている 6→8

4.ピュアなハートを持ち、愛を惜しみなく与えている 4→7

5.感謝の気持ちにあふれ、笑顔で輝いている 5→7


なぜか1だけ下がっていたのですが(笑)何も考えずに点をつけたら、全体的に上がっていました。


自己肯定感が上がったということなのでしょうか。


●修了課題2 (lesson1-3)

・イライラしても、それを感情的にぶつけず、伝わるように話せる 6点

・子どもの話を、さえぎらずに心から聴ける 7点

・子どもの好奇心を応援できる 9点

・やってほしくないことをやられても、危なくない限り、おおらかに受け止める 6点

・子どもをたくさんほめて、たくさん大好きを伝えられる 9点


はじめにこれを掲げた時は「今できていないから、やれるようになりたい」でしたが、今振り返ると「できていることもある」に変わっているように思いました。


実際にはこの短期間でものすごく変わったわけではないのですが、私自身が、私ができていることに注目できるようになったのかな、と思います。


●修了課題3 (今感じていること)

自然と、始める前より今の方が点数が高めになっている気がします。私自身の自己肯定感が上がったということなのでしょうか。自分でも気づかないうちに、心がいい方向へ変化している気がします。


●修了課題4

(「東大脳は12歳までに育てる!」を読んだ感想と、一番印象に残っているところ)

全てのことが「ごもっとも!」でした。


特に印象に残ったのは「選択肢を与える」「自分で責任を取る姿勢は親こそ必要」の部分です。


私の母は過保護で手出し口出しをしたがる神経質なタイプでした。できない、遅い、とイライラされていたことが多く、悲しかったのを覚えています。


なので私が自分でやろうとしていることも先に手出しをされてしまうことがたびたびあり、それが窮屈で、納得いかない思いを抱いていました。


大人になってからは距離を取り、自分の意思で人生を進んでいることを見せられているかな、と思います。


自分の子どもには、自分でできることは自分でやってもらっています。自立が子育てのゴールだから。


とても楽しかったです。ほかの方の感想も、参考になりました。もっともっと、周りをしあわせにできるママを目指していきたいです。


谷先生の動画から、愛とパワーをたくさん受け取りました。


ありがとうございました。


コーチングで子育てのイライラ解消|プレシャス・マミー 公式ホームページ

コーチング【プレシャス・マミー】が、子育てのストレスやイライラを解決!「ママである。ただそれだけで、あなたは素晴らしい」「ママであることをキャリアに」「ごめんねより、ありがとう」を理念に、もっと輝きたいママを経験豊富なトレーナー陣が応援します!