プレシャス・マガジン

学歴を上げると心がゆがむ?

2012年9月24日(月):配信

学歴を上げると心がゆがむ?

こんにちは!

「東大脳をラクラク育てたい子育てママの味方」

プレシャス・マミーメンターコーチの谷あゆみです。

 

8月に本駒込サロンでのお茶会を開催しました。

おかげさまで満席だったんです、ありがとうございました!!

 

そこにお越しいただけなかったSさんからのご質問です。

 

 

*********

 

 

当日お伺いしたい事は、

高学歴を目指す理由や、

なぜ勉強が出来ると、

心がゆがむと思っている人がいるのか?

その考えへの対処法。

 

また教育について知人にも考え方は

あまりオープンにしない方がいいのか

などです。

 

 

 

先日友人と食事をした時に教育の話になり、

知人に開成、東大に入り、新聞記者になった方がいたので、

 

私の子どもにも開成、東大に行って欲しいと思っている

と話したら、そんな考えでは子どもはゆがむ。

 

親の所有物ではないと友人に猛反撃を受けました。

 

 

私は所有物だと思っていないし、

子供が何処の学校に行きたいか子供に選ばせてあげ、

知的レベルが高い子にしたいと思っただけなのに、

小さい時から知育しようとして、かわいそうと言われ、

とてもショックでした。

 

 

また学歴をつけた上で、心も豊かな子にしたいと伝えると、

言っている事が矛盾していると言われました。

 

私の中でIQが高いとEQが低くなるとは思っていないので、

何が矛盾しているのかわかりませんでした。

 

心を育てる為に様々な環境を作ってあげるのも大切。

 

知的レベルを上げるように、環境を作ってあげるのも大切と

バランスを考えて子どもと接していきたいと思うからです。

 

また子育ての最終目標は人の役に立つ人になって欲しいから、

高い学歴をつけて、多くの人の役にたって欲しいと言ったら、

学歴が高くなくても人の役に立てる。

 

学歴を求めるなんて変だと言われ、

子供が高学歴になる事を望む私が

間違ってるといわれ、

かなりへこみました。

 

 

*********

 

 

まず、勉強ができると心がゆがむと思っている人がいるのはなぜか?

といえば、実際にそういう人がいるからです。

 

 

その原因は、「勉強ができる」という結果を出すまでの

プロセスが問題でしょう。

 

 

子どもを賢く育てたい!という思いは、

どの親御さんにも多かれ少なかれあると思います。

 

学校の成績は、いいにこしたことはない。

でも、絶対よくなければならない、ではない。

 

「こしたことはない」と「よくなければならない」

の違いがポイント。

 

学歴を付けさせたい、いい大学に入れたい、

と思って親が育てたからと言って、

イコールそれが子どもの心がゆがむことになるとは

私は思いません。

 

 

その目的が、

「知的レベルを上げることで、

知的レベルの高い人たちのとの人脈をつくり、

視野を広げ、世の中の役に立つ人になる

可能性を高めるため」

 

というものであれば、

そのためにレベルの高い学校に入れたい、

と思うのは何も悪いことではないと思います。

 

そのうえで心も豊かな子供に育てよう、

 

と思っていらっしゃるならば、

 

嫌がる子供に勉強だけをさせよう、

と躍起になることもないでしょうし、

 

どうしても東大に入らなければ人生が終わってしまう、

などという考えにもならないでしょうし、

 

いろいろなことを体験させることの一環として

知育をしていくことは、全く問題ないと私は思います。

 

 

親として大切なのは、

客観的な視点と広い視野、そして柔軟性。

 

 

一つの現象を見てすべてを判断することなく、

我が子、我が姿が客観的にどう見えるか、

を忘れることなく、

 

一つの考え方に固執することなく、

 

子育ての目的を見失うことなく、

 

その上で自分の考えにポリシーを持って

その時その時対応していく・・・

 

 

なんだか書くと難しい感じになってしまいますが、

そういうバランスが必要だと思います。

 

 

メールを拝見した限りでは、Sさんは大丈夫だと思います。

 

 

それから、教育のこと、子どもの学歴などは

意外とデリケートな問題で、

やっかみを買う大きな要素の一つです。

 

(私もこんなことをおおっぴらにして仕事をしているので、

そういう経験は何度もあります。

決して息子が東大に入ったことを自慢したくて

やっているわけではないのですが、

どうやらそうにしか思えない方もいるようです。)

 

 

ですから、あまりおおっぴらにしないほうが

かしこいのかもしれませんね。

 

 

そういう話題は、意見の合う方とだけ、お話ししておきましょう。

 

お話しする前に、そのことを話しても大丈夫そうな方かどうか、

クンクンにおいをかいでください。笑

 

 

誰にでも話して、無駄な対立を生むことも、

下手な説教をされてそれで落ち込むことも、損です。笑

 

 

でも、人の意見に耳を傾けることは大切だと思うので、

 

「ああ、こういう考えの方もいるんだな~。

今まで私にはなかった考え方だ。

教えてもらえて、感謝感謝。」

 

という気持ちは忘れずに、

 

そのことから、その人から

学べることは何か?

 

を考えることが、私たちがもう一歩成長することに

つながるんだと思います。

 



購読登録「プレシャス・マガジン」の登録はこちらから

無料メールマガジン「子育てを楽しみ、ママもパパも輝く!プレシャス・マガジン」は、プレシャス・カレッジの講師&コーチがリレー形式で子育てや自分を学ぶためのヒントをコラムにしてお届けします。
また、イベント、講座スケジュールなどの最新情報をホームページより優先的にお知らせしています。(毎朝8:00に配信)

迷惑メール防止機能をお使いの方は、<precious-mammy.com>ドメインおよびURLリンク付きメールの
  受信が可能かどうか、迷惑メール設定を事前にご確認ください。

登録後、<magazine@precious-mammy.com>よりメールが届きますのでご確認ください。

都道府県