受講生の声

eラーニング(子育てコーチング)

YAさん

東大脳が育つ子育ては、娘達にドリルなど、強制的にさせる事はやめ、(塾の宿題は別ですが・・・)絵本の読み聞かせや、長女には、小学生新聞の読み聞かせをするようにしました。

 

もう1つは、考える力を伸ばしたいと思い、様々な質問をするように心がけています。

 

  約8年間、娘達を賢くしよう!と、本当に沢山のことをやりましたが、辿りついた先は、私の好きな事なら、一緒に取り組めて長続きするということ。やっぱり、楽しくないと続けられないなぁと、アドバンスコース受講中に、気がつきました。

  

 基礎コースと、実践コースを学んで、自分の軸ができたように思います。アドバンスコースを学ぶ前からも、人とは違っても自分なりの子育てをすればいいんだ!とは、知っていましたが、一人だと、なかなか行動にうつせず、今まで8年近く放置してきてしまいました。

 

ですが、実践コースでは、自分の事を深く見つめ直すことができたので、私は自分の事が大好きになりたい!と思っている事に気が付く事ができました。

 

楽しい事だけを考えていくうちに、周りで嫌なことが起こらず、これもやってみたい!行ってみたい!など、ずんずん興味のあることが、舞い込んでくるようになっていると感じています。

 

それと同時に、私の機嫌が悪いと、家族みんなからマイナスオーラが出て、喧嘩したり、罵ったり、母親からの影響は絶大だと実感しています。

 

私自身、マイナスの言葉掛けの家庭で育ち、マイナスの言葉を言っている時が快適ゾーンになってしまっているので、この連鎖を断ち切る為にも、アドバンスコースで習得したリフレーミングや、コーチングフローを頭の中に置いて、プラスの言葉で会話を終わらせるようにし、プラスの言葉を発している時こそ、快適ゾーンになるように、これからも挑戦していきたいと思います。

 

 娘達が、夕食の前に、感謝を言う事をルールにして以来、(あゆみ先生に、スカイプの時にアドバイスいただいたので)定着してきました。逆に、次女から、「ママの今日の感謝は?」と聞かれたり、長女は「夕飯の前に言うと、お腹空いちゃって我慢できないから、今感謝言っとくよ。」と、言うまでになってきています。

 

 娘達には、何事も感謝の心を持ち、自分が大好きで、いつでもどこでも大丈夫だよ、ママ。私だから!!
と言える人間になってほしいと思っています。

 

 
 その為には、チャンクダウンしたことや、ポリシー5か条を、私自身が、毎日しっかり守って娘達にみせていけば
よい事なので、まず私が、自分を大好きで、毎日感謝する、楽しいなぁ~と言い続けていこうと思います。

PAGE TOP