受講生の声

eラーニング(プレシャス・マミー講座)

M・Mさん|メイト2期生

1.プレシャス・マミーの5つの行動指針に対する、初回の自己採点⇒最終回の自己採点の結果を教えてください。

1.3点→6点

2.0点→6点

3.5点→7点

4.2点→6点

5.4点→6点

2.初回に決めた、講座が終わった時どうなっていたいか、という目標に対し自己採点してください。

1.こどもにがみがみ起こらないママになっている 3点

2.夫に感謝の気持ちを持ち、伝え、笑顔で接している 7点

3.子育てがとっても楽しい!と感じている 5点

4.小さい事を気にせず、毎日ワクワク、JOYJOYな気分で過ごしている 7点

5.自分に自信を持ち、周りの意見にまどわされないしっかりとした考えを持っている 6点

3.講座を受けた感想を教えてください。

一番自分にとって良かったのは後半の、自分と向き合う、リソース、強み、人生の波など、普段考えた事のなかった点につき深く考えられた事です。

自分にとって何が大切か、どんな事が今の自分を作っているのか、ワクワクすることは何か、それを通して両親がしてくれた事を振り返り、感謝の気持ちを持てました。

実は色々な事情があり、ここ6年くらい両親とあまりいい関係ではありませんでした。愛情いっぱいに育ててくれたことは分かっていても、
どうしても感謝の気持ちは持てず会話もあまりできなく遠のいていましたが、このワークを通し、様々な経験をさせてくれたんだという事、
私のために時間を使ってくれた事、本の読み聞かせを毎日してくれた事を思い出し、心境の変化がありました。

ただ、その矢先に今月父があまりに突然急死するという事が起こり、感謝を伝えられないままとなってしまったことが残念です。

でも多くの気付きがあり、また、友達に自分の特徴を聞くというワークでも発見があり、今まで自分に自信がなかった私が、少しずつ、このままの私でもいいんだ、と思えるようになったことがとても嬉しい事です。

一方、まだまだ試行錯誤中なのが子どもとの接し方です。5歳と1歳の娘の育児。下の子はまだまだ授乳がっつりで、夜中に何度も起きる日々の中、このメイト講座は毎週楽しみで、夜中の2時にワークをやることもありました。

頭ではすごく理解し、納得する内容がたくさん、その時はウンウン頷きながら実践しようと思いつつ、いざとなると感情が先に立ちガミガミ怒ってしまう時がまだまだたくさんあります。

上の子がとてもとても甘えっ子でママっ子、ずっとママといたいと言ってくれる反面、それを上手に受け入れてあげられずにいるため、ママ~!と甘えてきたり我儘を言われる事が負担となり、ついついささいな事でイライラしてしまっています。

ここはまだまだ改善の余地があると思い、日々プレシャスマミーの皆さんの投稿やブログなどを参考にしているところです。

それでも、学んだ中で、たくさんの「べき」を見つけることもでき、子どもに叱りながらも、「ああ、今私は○○するべきだって思ってるんだな」と客観的に見られるようにもなっています。

コーチやトレーナーさん、多くの方がコーチングを知って人生が変わった!という記事をいつも見ているので、
ついつい自分もそうなりたい!と意気込みすぎて、ひとつうまくいかないとガーンと落ち込んで・・・というのがいけないところのような気がします。

全てがトントン拍子にいくはずがないのですが、繰り返し繰り返し声かけ、忍耐、というところができていないように思います。

そして自分の普段の生活(専業主婦)の余裕のなさ、楽しみのなさ、からストレスをためている、ということにも気づきました。

子どもが朝グズグズするから仕事を始められない・・・ではなく、楽しい事を見つけて子どもにそれを見せていきたい、とも思っています。

思った事をずらずら書いてしまい読みにくい文章になってしまい申し訳ありません。

今回このメイト講座を受けられてとても貴重な時間となりました。

今後ともプレシャスマミーを通して自分磨き、子育てを学んでいきたいと思っています。

本当にありがとうございました。

プレシャス・マミーメイト講座の詳細はこちら
PAGE TOP