受講生の声

eラーニング(プレシャス・マミー講座)

K・Tさん|メイト1期生

1.プレシャス・マミーの5つの行動指針に対する、初回の自己採点⇒最終回の自己採点の結果を教えてください。

点数つけですが、上を見ればきりもなく、自分なんて・・・、おこがましい・・・、点を高くつけるなんて、その点に値するような人物になれた訳はない、なんて思っていないわけではないのですが、点を高くつけてもいいでしょ、と思える自分になっていました。「だってこんなに頑張ってるじゃん、私」と素直に思えます。そして、誰に対して高く点を付けることを遠慮しているのだ、と思うと、わざわざ点を低めにつけることがバカバカしく思えてきました。人がどう感じようと、私は、そうしているんです。だからオール9点にしました(*^^*)残りの1点は、今度の自分への期待値を込めての1点です。これがマックスではないということ。ただ、これで10点が躊躇なくつけれるようになれば、もっと違った景色が見れるのかもとも思ったりもします。

2.初回に決めた、講座が終わった時どうなっていたいか、という目標に対し自己採点した結果を教えてください。

自分が力を入れたところは10点、これは躊躇ないです。自分の気持ちをさらけ出そうと、出し切りたいと思って臨んでいました。このpm講座では、匿名にしたこともあり、ずいぶんとオープンに自分自身の事、気持ちを掲示板に投稿してきました。私は、いったん紙にえんぴつで思いを書きとり、それをpcに打ち込んでいました。紙にえんぴつのアナログな作業が、私の心の内側にゆっくりゆっくりと問いかける貴重な時間となりました。
そして、子どもを怒らないって書いていましたが、自信を持ってバリバリ怒っています。しかし、ここには表れていませんが、子どもを以前より認めることはできているように思います。産まれてきてくれただけでいい、そう思うことが多くなりました。とはいえ、ちゃんと宿題してほしいとか小さいつまらないことを要求したり、言ったりすることも多いのですが、それはそれです。いつなんどきでも、心から、3人の子どもたちの存在を認めれる自分になりたいと思っています。

3.講座を受けた感想を教えてください。

最初にも書きましたが、自分を変えたい、と思って受講しましたが、「変えたい」という捉え方は少し違っていたのかもしれないと感じています。うまく表現ができないのですが、結局、起こっている事は一緒なのに、自分が勝手に色を付けているそれだけだ、ということが腑に落ちました。それも変わったということに入るのかもしれませんが、変化というより、心の受け止め方だと思うようになりました。
自分が思う以上に得られたものは多く、大きいのかもしれませんが、後にじわじわとそれを感じ取れる日がくるのかもしれません。
この講座は待ち遠しくもあり、苦しい時間でもありました。鬱々としたときもありました。それも乗り越え、今がある。修了した自分に拍手したいです。

eラーニング:プレシャス・マミーメイト講座(ベーシック)の詳細はこちら
PAGE TOP