講座開催報告

コーチ養成講座-子育てコーチング基礎|やまだともこ5期|3日目

2017年11月1日(水)

子どもには
どんな『あたりまえ』を与えたい?

 

いつも散らかっている部屋で
育った子どもは
それを『あたりまえ』だと思う。
 
それが『いい』とか『悪い』とかじゃなく
ただの『あたりまえ』。
 
子どもにどんな『あたりまえ』を与えたいかを
基準にしてみると
ママの行動は決まったりするよ。
 
と、講座を開講している間に
家事代行サービスに入ってもらって
ピカピカのリビングとキッチンを見ながら
しみじみと思う私。笑


 

クライアントの
可能性を最大限引き出すことが
コーチの役割です。

 

ママが子どものコーチになるっていうのは
子どもの可能性に制限を与えないこと。
 
「こうなってみたい」
「あれがやりたい」
「これが好き」
 
の気持ちには
無限の可能性が眠っています。
 
娘から

「こんな仕事をしたい。
だけど、そんな仕事は存在するの?」
 
と聞かれた私は

「存在しないなら、あなたが作ればいい。
そのためにできることは
それを人に伝えまくること。」
 
と答えました。
 
「あるのか知らない。」
「やれる方法はお母さんにもわからない。」
 
と答えるのは簡単なこと。
 
だけど、その言葉は
夢をつぶしてしまう言葉。
 
 
「どこかに必ずその可能性はあるのだから
あきらめずに探し続けなさい。

そして、
自分だけでがんばろうとしてはいけない。
その答えとめぐり合わせてくれる人は必ずいる。」
 
 
そういう言葉を掛けられた自分は
「コーチで在れた。」と思えたし
「私はかなりいいことを言った。」とも思えました。
 
 
これができるようになったのは
私がコーチングを身につけたから。
 
コーチングは、自分の生き方をよりよく変えていきます。
そしてそれは、子どもの生き方にも大きな影響を与えます。
 
 
 
全てのママが
子どものコーチである世の中を目指して!!
 
 
本日開催の基礎コース。
3日目にして「コーチングとは」について
お伝えしました。
 
ちょっと熱く語りすぎたね♡笑

 

夜間も開催します!!
 

2018年のコーチ養成講座
子育てコーチング基礎コースは
 
午前中と夜に!2本立て!!!!

どちらもZoomを使ってのオンライン開催です♡
 
【基礎コース6期(午前版)】

 
【基礎コース7期(夜間版)】