メールマガジンバックナンバー

5年前の「私」になったらどうするかな。

2016年7月19日(火):配信

10日前に書いたブログの
5年前の「私」に会いました。
http://s.ameblo.jp/premamclub/entry-12178520398.html

の内容に
ご質問をいただきました。

今のともこさんだったら
その3歳のお兄ちゃんに
どう対応しますか?

って。

ありがとうございます。

今日は、その質問に
答えようかな・・。と
思います。

今、ウチには
3歳の男の子はいないけど

でもね

もし、いたとしたら

私もいつも
おやつとか
おもちゃとか
何かを持ち歩いている
気がするんです。

だから

たとえば
そういうものを渡して
時間を持たせたりするかな。

もし
彼のお気に入りを
何も持ってなかったとしたら

私のスマホで
彼の大好きな仮面ライダーの
画像を検索して

ちょっと、変身してみて。

とかいうかもしれないし

あとは、、
そうだなぁ。

窓の外に
黄色い看板が見えたら教えて!

とか

弟くんに
靴下を履かせてあげて!

とか

何か仕事を頼むかもしれない。

ここに共通しているのは

「●●しよう」

とか

「●●してくれる?」

とか

行動を促す
声かけをすること。

3歳の男の子にね

「動かないで。」

とか

「黙ってて。」

とかいう
指示をしても

そんなことは、
無理かもしれないから。

退屈で動き回っちゃうなら

お行儀よく座っていることを
求めるよりも

何かをさせることや
今できる何かを

してもらうことを考える。

5年前の私は
こんなことはできなかったし

ママの気持ちに
余裕がないときには
別のことって考えにくいかも
しれないけれど

今は、そんなことが
できたらいいなって

そう思いました。

禁止をするよりも
作戦会議。

これは、ダメ。

だったら

何なら「できる」?

何なら「できる」?

何を「した」らいい?

って

「できること」に
フォーカスする作戦会議

そんなふうにママが楽しんじゃってる方が
きっとみんなも許してくれるよ。

だから、楽しもうよ。

楽しむ子育て。
あなたにも、できるから。

子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: Sharing Snails via photopin (license)