プレシャス・マガジン

5年前の「私」に会いました。

2016年7月9日(土):配信

先日

駅に向かうために
乗車したバスの中で
5年前の「私」に
会ったんです。

それは

ベビーカーに
1歳くらいの男の子を乗せて
3歳くらいの男の子を
連れたママ。

3歳の男の子は
落ち着かない感じで

立ったり
しゃがんだり
歩こうとしたり・・・

ママはなんだか怒っていて

「迷惑がかかるから!」

「ここで動かないで!」

「もう、ゲンコツだよ!」

「いい加減にして!!」

って

男の子の腕を
強く引っ張っては
そんな言葉を口にして。

でも
男の子の動きは
止まらず。

優先席に座って
杖を持っている
おばあちゃんが

「ここに座る?」

なんて
席を譲って
くれようとしたり。

1歳の子は
ニコニコ顔で
私の脚に足を伸ばして
スカートを蹴ったりしながら
遊んでいて。

(男の子は裸足だったから
私はその子の足の裏を
くすぐって
遊んでいました。

私はこの状況が
全然イヤじゃなかったのよ。

イヤだったら
離れることもできたし。)

そのママは

おばあちゃんに謝り

私に謝り

そしてまた
上の男の子を怒り。

きっとね

私の対応も
余裕がある感じに見えて

そのママにとっては

イヤだったんだろうな・・・。

私は本当は
そのママのことを
抱きしめてあげたかった。

そんなに
がんばらなくても
いいよ。って

わかってるよ。

がんばってるだけ
なんだよね。

私もそうだったよ。って

そんな
声を掛けたかったのに

結局、直視ができなくて。

時間がないことを
自分への言い訳にしながら

駅についてそのまま
その親子に対して
背中を向けてしまいました。

そして、思いました。

あーーぁ。

まだまだ修行が足りない。

きっと
私なら
そのママを

笑顔にすることは
できないかもしれないけど

すこし
肩の力を抜くくらいの言葉は
掛けられたのに。

2016年は
もっと笑顔のママを
増やすって

宣言したのに。

本当に必要な人に
背中を向けてしまいました。

次に
また「過去の私」に
出会えたときには

きちんと向き合って
行動をします。

これを改めて
2016年の下半期の
目標にすることにしました。

今日は
こんな話を
聞いてくれてありがとうね♡

こんな話ができる

こういう場があることを
本当に、シアワセに思います。

いつもありがとうございます♡

やまだともこ

子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』



購読登録「プレシャス・マガジン」の登録はこちらから

無料メールマガジン「子育てを楽しみ、ママもパパも輝く!プレシャス・マガジン」は、プレシャス・カレッジの講師&コーチがリレー形式で子育てや自分を学ぶためのヒントをコラムにしてお届けします。
また、イベント、講座スケジュールなどの最新情報をホームページより優先的にお知らせしています。(毎朝8:00に配信)

迷惑メール防止機能をお使いの方は、<precious-mammy.com>ドメインおよびURLリンク付きメールの
  受信が可能かどうか、迷惑メール設定を事前にご確認ください。

登録後、<magazine@precious-mammy.com>よりメールが届きますのでご確認ください。

都道府県