メールマガジンバックナンバー

〇〇ちゃんのパパはいいなぁ。

2016年2月29日(月):配信

おはようございます。

突然ですが
あなたのご主人は
子育てに協力的ですか?

あのね
ウチの夫は・・・

正直、
家にもあまり帰ってこないし
子どもの面倒をみるのは
あまり得意ではないのです。

 
だからずっと 
人のダンナさんと 
自分の夫を比べては 
 
〇〇ちゃんのパパはいいな。 
 
△△ちゃんちは 
こんなこと 
してくれてるんだって! 
 
××ちゃんのパパは 
・・・・ 
 
って 
 
うらやましがったり 
文句を言ったりしてた。 
 
 
 
夫が 
早い時間に帰ってこないことに 
不満を持ち 
 
家にいると 
「いるなら手伝ってよ!」 
と思い 
 
少し手伝ってくれたときでさえ 
私とのやりかたの違いに 
腹を立て。 
 
 
 
夫が帰ってくる時間は 
ソファーに寝そべって 
 
「私はとっても疲れています!!」 
 
っていうアピールをしてた。 
 
 
 
そうしてたら 
私の気持ちはわかってもらえるはずだ 
 
もっといたわってもらえるはずだ 
 
って思ってた。 
 
 
 
私の方が 
こんな気持ちでいたら 
こんな態度でいたら 
 
夫だって 
 
「気持ちよく話を聴こう!」 
「もっと妻を手伝おう!」 
 
なんて、、思わないよね。 
 
 
・・っていうことにすら 
気づかなかった。 
 
 
 
コーチングを学んで 
 
まずは自分で自分を満たす 
 
他人は変えられないから 
先に自分から接し方を変える 
 
っていうことがわかったら 
 
なんだ。 
 
こんなに私が 
好き勝手やってても 
 
私と子どもたちが 
生活できるだけのお金を 
稼いできてくれるなんて 
 
なんてありがたい存在 
 
と思うようになって。 
 
夫の帰りが遅いことにすら 
 
ありがとう 
 
っていう気持ちが 
持てるようになったんだ。 
 
 
 
こんなふうに 
 
人と比べて 
 
「足りない部分」 
 
ばっかり見ていても 
しょうがない。 
 
私たちは 
すっごくがんばってるし 
 
ご主人も、お子ちゃんも 
 
きっと 
ステキなところだらけだよ。 
 
 
 
確かにね 
 
期待と違うところもある。 
 
思い通りにならないこともある。 
 
 
 
でも 
 
その分 
できていることもある。 
 
ステキなとこ 
見つけてこー! 
 
そしてそれを 
伝えてこーーー!! 
 
きっと、何かが変わるから 
 
あなたは、できるから。 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』