メールマガジンバックナンバー

[小学生ママ向け]「子どものため」でイライラするなら

2017年8月19日(土):配信

おはようございます。
 
 
元・怒りんぼかーさんで
認定プレシャス・マミートレーナーの
やまだともこです。
 
 
 
 
お盆休みが終わって
夏休みも
あと1週間!!
 
(ウチの子たちは
あと1週間なのよー!)
 
 
 
いかがお過ごしでしたか?
 
 
 
ここ数年は
夏休み期のやまだ家は
 
 
 
キャンピングカーで
新潟方面に行ったり
四国に行ったり。。
 
5日~1週間くらいの遠出を
していましたが、、
 
 
 
 
今年は
お互い自営業である
夫と私の仕事の休みが合わず
 
 
 
子どもたちと
近場をうろうろしていました。
 
 
 
先日
 
ピカチュウ大量発生中の
みなとみらいに
行ったときには
 
 
 
桜木町駅を降りると
 
ポケモンGOをする
学生~中年の男性と
 
家族連れと
 
SNS映えするとかで
若い女性のグループ
 
などで
 
大混雑でした。^^;;;
 
 
 

 
 
 
私はずっと
 
子どもを連れて
子どもの好きなエリアに行くのは
すっごく苦手でした。
 
 
 
たとえば
 
出掛けた先が
混雑をしていて
 
 
 
子どもたちが
 
「のど渇いたー!」
 
「疲れたー!!」
 
「足が痛いーーー!!」
 
 
なーんて言葉を
口にしようものなら
 
 
 
「うるさい!!
何言ってんのよ!!」
 
 
って・・・
 
 
(あんたたちが喜ぶと思って
連れてきてるんでしょーー!!
 
文句言うんじゃない!!!)
 
なーんて思って
 
イライラ
イライラ
 
イライラ
イライラ
 
していたんです。
 
 
 
 
だけど、最近は
 
子どもの喜ぶエリアでも
 
 
 
まったくイライラしない!
 
・・・っていうのは
ちょっと嘘だけど。笑
 
 
 
イライラすることは
ほとんどなくなりました。
 
 
 
 
なんでかっていうと・・・
 
 
 
 
そのお出かけを
「子どものため」と
思うことをやめたから。
 
 
 
です。
 
 
 
これは
どういうことかというと
 
 
 
自分自身が
どんな母親でありたいか
 
 
ということを考えたときに
 
 
 
子どもと出かけるときに
子どもが喜んでいる姿を見て
喜ぶ母親。
 
 
みたいな理想像を
作ってみたんです。
 
 
それを
完璧に達成するかは
おいておいて(笑)
 
 
 
だから
 
大混雑の
「子どもが喜ぶスポット」に
子どもたちを連れて行くのは
 
 
子どもの喜ぶ姿を見て
喜びたい自分のため
 
 
 
だと思うようにしたことと
 
 
 
 
それから
 
子どもたちにも
 
 
「今日
ポケモンセンターに
あなたたちを連れて行く
お母さんって
 
いいお母さんだよね。
 
楽しく過ごそうねー?」
 
 
 
って
 
言葉に出しておく。
 
 
 
そうすると
 
例えば
 
子どもたちが不満を言ったり
ケンカをし始めたりして
 
ちょっとイラッとしたときには
 
 
 
「あぁ。。
お母さんは
 
今の状況を楽しめないから
うれしくない感じ・・。
 
お母さんも
楽しみたいんだ。
 
協力して?」
 
 
って、言ってみたり
することができるんだよね。
 
 
 
 
自分と子どもたちが
それぞれをご機嫌で過ごすために
協力する。
 
 
そういう関係っていいなぁ
 
 
って
 
 
思えるようになりました?
 
 
 
 
 
 
でも
 
子どもたちが喜ぶから
 
という理由で行った
「ピカチュウ大量発生チュウ」の
イベントで
 
 
大量のピカチュウが
大行進をしている姿を見たら
 
 
楽しくなって、癒されて
 
写真やビデオを撮りまくって
 
 
結局、はしゃいでいた
母なのでした。^^;;;
 
 
 

 
 
んーーー。
 
 
こういうことに対して
 
「はしゃいでもいい」
 
ということを
 
自分に許したことも
 
 
楽しめるひとつの要因
なのかもしれないね。
 
(と、今思った。)
 
 
 
 
あ。そうそう。
 
このセミナーを受けると
 
「子どものため!」って思う
自分の気持ちを
 
消化できるようになるよ?
 
 
───────────
オンラインで開催します
自宅から受講してね
 
8/22(火)10:00~12:00
子どものYESを引き出す王道ルート
http://pm.joyfullifedesign.jp/oudou/
───────────
 
 
 
 
ではでは
 
残りの夏休みを
 
子どもたちと協力しながら
 
楽しい時間を創って過ごしましょう!