プレシャス・マガジン

橋を架ける

2016年7月6日(水):配信

今日のテーマは「橋を架ける」です。

橋を架ける。
その響きにドキドキするのは
アテネ五輪での体操日本代表 冨田選手の
鉄棒のクライマックスでの実況

栄光への架け橋だ~!!

を知っているからでしょうか。
今見ても聞いても、あの実況はグッときます。

ゆずの【栄光の架け橋】を車で聴いているときは
もれなく熱唱です。
(キーも絶妙にギリギリなので熱唱しないと出ない 笑)

本当に、橋を架ける作業をやった事がある方、いらっしゃいますか?
私は会社員の時、採用した内定者達を北海道に連れて行き
研修と称した中で、キャンプ場の川に橋を架けて、最後に
それを社長が渡る。というイベントをやった事があります。

川の両端に支店となる物を見つけて、固定し、ロープをかけ
材料を運び、足場を固定し、崩れないよう補強し・・・

果てしなく大変でした。
その割に、出来た橋は貧弱でとても人の重みを支えられる
ようには見えない代物でした。

よく一部上場の社長があれを渡ってくれたもんです笑

落ちるのを分かりながら、社長はなぜ渡ったのか?!
今なら分かります。
紛れもなく、彼は感動していたのだと思います。

社を背負っていくであろう若者達がひたむきに架けた
橋は社長と社員の信頼の架け橋だったのです。

川に落ちても大丈夫。
溺れる危険はない。
社員をいじるネタにもなるetc

冷静な判断は当然あったと思いますが、それよりなにより
見た目には貧弱なその橋がまるで、若者達と自由に行き来できる
立派な石橋に見えたかもしれません。

僕らも普段、知らず知らずのうちに橋を架けています。
出逢った人達と、心を通じあわせています。
不安定な吊り橋もあれば、丸太の橋もあれば
頑強な石橋もあるでしょう。

橋のポイントは、自由に行き来ができる事です。

子どもと、家族と、仲間との間にかかっている橋が
どんな橋かイメージしてみてください。

自然に挨拶を交わせる
笑顔で話ができる

ならば、糸の橋がかかっています。

互いの弱点が分かってる
相手の喜ぶ事をしてあげたくなる

ならば、木の橋がかかっています。

でも家族ならor真の仲間なら

どんな苦労も共にできる
自分を絶対助けてくれると信じられる

石の橋が架かっていると、思いたいですよね。

でもどうでしょう?!
生半可な事では、そんな橋はできないと思いませんか?
子どもが「パパorママは絶対自分を助けてくれる」
と、信じる状態にあるかどうか。

普段の自分の態度はどうだろう?!

頭ごなしに怒られたり、否定されたり
嘘がバレたりすると、強固な橋も壊れます。
糸から徐々に強くしてきた橋が壊れるのは簡単です。

橋は一方通行ではないから、作るのが大変なんです。

そんな見方で、周りの方々との関わりを考えて
みるとその大切さが身に染みます。

石の橋があると思えたら、それこそまさに
《奇跡》
と言えるくらいです。

その方を大事にしてくださいね。

暑い夏、そして梅雨。心も雨降りになりがちです。
増水しても壊れない橋を作りましょう。

それでは、また次回。

子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: Sharing Snails via photopin (license)



購読登録「プレシャス・マガジン」の登録はこちらから

無料メールマガジン「子育てを楽しみ、ママもパパも輝く!プレシャス・マガジン」は、プレシャス・カレッジの講師&コーチがリレー形式で子育てや自分を学ぶためのヒントをコラムにしてお届けします。
また、イベント、講座スケジュールなどの最新情報をホームページより優先的にお知らせしています。(毎朝8:00に配信)

迷惑メール防止機能をお使いの方は、<precious-mammy.com>ドメインおよびURLリンク付きメールの
  受信が可能かどうか、迷惑メール設定を事前にご確認ください。

登録後、<magazine@precious-mammy.com>よりメールが届きますのでご確認ください。

都道府県