メールマガジンバックナンバー

親に「最悪や!」って言われた中学生の気持ち

2016年7月21日(木):配信

夏休みが始まると

更に更にわが家は子どもたちの集まる場所に
なります。

いつも5~10人は連れてくる
中学1年生の長男シアンくん

自分の部屋でこもって女子トークをしている
小学5年生の長女イエローちゃん

いつも同じSくんと多くても3,4人の
お決まりメンバーで遊ぶ
小学校3年生の次男マゼンタくん

そんな夏休み前には
中学生初の三者面談がありました。

わが家は、今後が楽しみすぎる
後は登るしかないよーーーー!!
という通知表でしたが
三者面談を終えてわが家に来た子がポツリ

「親にさ~最悪やーーー!!て言われた。」

周りの子が

「え?1とか2あったん?」と聞くと

「5が1個と4が3個、後みんな3」
*5段階評価なんです*

心の中の私は「全然最悪ちゃうやん」

と思いました。

わが息子は更にその子の2ランクしたぐらいの成績でしたから(笑)

そして

「最悪かもしれへんけどさぁ~」

って

「けどさぁ~・・・・」の後はどんな気持ちなのかな。

けどさぁ~俺やってがんばった!

けどさぁ~そんな言い方ないやろ!

けどさぁ~俺やって悪くて落ち込んでるねん!

きっとその子の気持ちがあるんだろうな。

「あんた最悪やなぁ!!」

これは、言われた方は大打撃ですよね。

例えばご主人に「おまえ最悪やな!!」って
言われたらどうしますか?

怒りや悲しみが込み上げてきますよね。

今の人は「びっくりするわ!!」ぐらの感覚で
使いますが、やっぱり自分でもわかっている

出来ていないところ!!

ダメなところ!!

悪いところ!!

を言葉でぶつけられると心が傷ついちゃいます(T_T)

けれどそんな子どもたちが集まって
無邪気に遊ぶ姿を見ていると
子どもどうしで心の傷を癒しているんだなぁ~
って感じます。

駐輪場か!?って思うほど自転車が並んで
玄関に溢れるほどのクツが並びますが
我ながらわが子はいいことをしているのかも!?
と思いました。

子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: Sharing Snails via photopin (license)