メールマガジンバックナンバー

夫の行動にがっかりしました

2016年2月23日(火):配信

おはようございます。

さて、今日は久しぶりに
夫とのコミュニケーションについて。

 
プレシャス・マミーの
JOYJOYワールドブログを
ずいぶん前からお読み頂いている方は
既にご存知かもしれませんが、

私は夫に、
自分の素直な気持ちを
伝えるのがすっごく苦手でした。
 
 
 
嫉妬!とか、恨めしいとか、 
そういうネガティブな気持ちは特に。 
 
 
 
それと同時に、自分が昔、 
夫と同じ職場で仕事をしていて、 
その大変さを分かっているだけに、 
 
夫の仕事が忙しいときは、 
本当は言いたいことがあっても 
ついつい、知らないうちに 
我慢してしまう癖がついていました。 
 
 
 
「家族のために 
一生懸命働いてくれているんだから 
これくらいのこと、我慢しなきゃ。」 
 
って、無理やり自分を 
納得させようとしたり・・・。 
 
 
 
もちろん、夫も夫のできる範囲で 
精一杯、私や子どもに 
愛情を注いでくれていました。 
 
 
 
だから、本当に心から感謝もしていた。 
 
 
 
でも、感謝の気持ちで 
不満を打ち消せればいいのだけど、 
 
残念ながら、 
それとこれとは話が別のよう。。。 
 
 
 
だって、私が満足していないんだから。 
これは紛れもない事実! 
 
 
 
さらに、 
 
「私、夫から、 
仕事が忙しいときは不満を 
言わないでくれ、 
なんて頼まれたっけ?」 
 
・ 
・ 
・ 
 
頼まれてない!!!!!(驚愕) 
 
 
 
こりゃ、私が勝手にやってること。 
 
 
 
もしかして、不満をためこんで、 
後で爆発される方が、 
夫にとっては多大な迷惑!? 
 
・ 
・ 
・ 
 
なんてことに、 
結婚生活10年目にしてやっと 
気付いてしまいました(汗) 
 
 
 
それからは、 
なんか悶々するなーと気づいたときに、 
夫が側にいないときはすぐLINE。 
 
 
 
でも、怒(イカ)った文章を送って 
関係をこじらせたら、 
元も子もありません。 
 
 
 
こんなときに役に立つのが、 
プレシャス・マミー講座で学んだ 
怒らないママになるためのステップ♪ 
 
 
 
それに忠実に従って、先日も 
 
「正直、あなたが○○○したことに、 
がっかりしました。・・・・・」 
 
と、伝えてみました。 
 
 
 
実は、今までも 
「悲しい」とか「さみしい」という気持ちは 
伝えたことはあっても、 
 
「がっかり」という、 
たぶん、私が逆に夫からLINEで送られたら 
相当凹むだろうなーというワードを、 
 
でも、本当にがっかりしたので、 
えいやっ!と送ってみたのです。 
 
 
 
そしたら、予想どおり仕事中に 
相当なボディブローを食らったらしい夫、 
日中は既読スルーだったのですが、 
 
帰宅後にちゃんと話す時間を 
作ってくれました。 
 
 
 
そしてがっかりの原因も、 
私の誤解だったことも判明し、 
 
・・・言ってよかった(笑) 
 
 
 
そしてこんな風に、 
私の正直な気持ちを 
受け止めてもらえば 
受け止めてもらうほど 
 
私も子どもたちの 
一見わがままに見える気持ちも 
受け止めてあげることが 
できるようになったし、 
 
夫のこともさらに大切に 
思うようになりました。 
 
 
 
でも毎回、夫が全て 
私の要望を受け入れてくれている訳では 
ありません。 
 
 
 
きっと、私自身が私自身の気持ちを 
素直に伝えることができるようになった 
 
これが一番大きいのかもしれません。 
 
 
 
たとえフラれたとしても、 
「好き」と伝えられた自分が誇らしい☆ 
みたいな? 
 
(例えが変? 
逆に伝わらなかったらごめんなさい。汗) 
 
 
 
なのでぜひ、言う前に遠慮したり、 
諦めてるママがいたら、 
いちどか二度か三度くらい、 
正直な気持ちを伝えてみてください。 
 
 
 
意外と、予想とは違う反応が 
返ってくるかもしれませんよ♪ 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: Salvaje @ Attersee via photopin (license)