メールマガジンバックナンバー

ママだから、できること

2016年2月13日(土):配信

おはようございます。

インフルエンザが流行っていますね!
みなさんのご家庭はいかがでしょうか!?

 

我が家の息子たちの通う学校も
ちらほら学級閉鎖という声が・・・
  

と思ったら、長男が発熱してしまいました(>_<)
 
  
 
そして、かかりつけの小児科へ
向かうことになり、
 
 
その待合室に置いてあった、
 
「子どもへのまなざし(完)」
http://books.rakuten.co.jp/rb/6894969/
  
という、佐々木正美先生の著書を
手に取ってみると、
とっても素敵なことが書かれていました。
 

今、私は、
やまだともこ先生の
プレシャス・マミー講座を受講していて、
 
つい先日習った「聴く」ということにも
リンクしていることが書かれていたので、
シェアしますね♪

 

子どもの自己肯定感を高めるために、

「子どもの話を聴く」

ことが大事なのですが、

話を聴く人が、お母さんである場合と
他の人とでは、
子どもの脳はまったく違う反応を
示すそうです。

 

話をしているときの子どもの様子は、
どちらも嬉しそうです。

 
 
でも、
お母さんに話を聞いてもらっているとき
ものすごく活発に反応している前頭葉が
 
 

他の人の場合では
ほとんど反応しなくなるそうです。
 
 
たとえその人が、どんなに優しくて
聞き上手な人であったとしても!
 
 

(前頭葉とは、意欲、創造、実行を司り、
未来に向かって生きるための指令を
発し続ける脳のとても大事な部分です。)

 
 

・・・すごくないですか!?
 
 

私たち母親は、子どもを産んだ
それだけでも素晴らしいのに、
 
 

さらに、話を聞いてあげるだけで
子どもたちの持っている可能性を
伸ばしてあげることができる。

 
 
これが、母である私たちだからこそ
できることだと思うと、
なんだかとっても嬉しくなったのです♪
 
 

そしてついつい、忙しさにかまけて、
子どもの話を聞き流していること…
 
 

これってもしかして、
子どもの生きる力をはぐくむ
チャンスを逃している!?
 
なんて、ちょっとヒヤリ(笑)

 
 
改めて、1日のほんの数分でいいから
 

「子どもたちの話を聞く」
 

そして聞きながら、
 

「おー!脳がスクスク育ってる☆
こんなことができる母ってすごい。
こんなお役目、ありがたい(笑)」
 

と思う、そんな時間を意識して、
作っていきたいな、と思いました♪

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』
 
photo credit: Amelia and Her Mommy via photopin (license)