メールマガジンバックナンバー

子どもには子どもの言い分がある

2015年12月2日(水):配信

おはようございます。 

さて、今日は私の失敗談なのですが・・・ 
 
 
 
先日、友達とうちの前の道路で 
遊んでいた長男&次男。 
 
 
 
ひょんなきっかけから 
自宅のベランダにボールを投げ入れる 
という遊びに発展し、 
それはそれは大盛り上がり。 
 
 
 
楽しそうなのは何よりなんだけど、 
 
そこでボール遊びをするのは 
危険なこと、 
 
 
 
我が家のベランダならいいけど、 
絶対そのうち、 
お隣のベランダに入るよね? 
洗濯ものとか干してあったらどうなる!? 
 
と、いうことを伝えた矢先に、 
次男から 
 
「おかーーさん、黄色のボールが 
おとなりのベランダに入っちゃった!」 
 
という残念な連絡が・・・。 
 
 
 
(だから言ったでしょー、、) 
 
と思いつつ、子どもたちが 
どうするのかを見守っていると、 
お隣さんにピンポンしたけど 
お留守のよう。 
 
 
 
さすがに、まずいなーと感じたのか 
そこで遊ぶことを諦めた子どもたちは 
別の場所へ移動していきました。 
 
 
 
そして、夕方帰宅した長男に、 
 
「そういえば、ボールどうした?」 
 
と聞くと 
 
「●●(友達)に、 
お前が入れたんだから、 
ちゃんと責任もってとってこい、 
って言っておいた!」 
 
とのこと。 
 
 
 
その言葉を聞いて 
 
(はぁ?何それ? 
一緒に遊んでて、たまたま友達が 
蹴ったボールが入っちゃっただけでしょ? 
友達だけに責任をおしつけるの? 
第一、うちのボールだよね? 
しかも、 
お隣さんは日中いないことが多いし… 
一体いつボールが帰ってくるんだ???) 
 
ということが、 
頭の中をグルグルしてしまった私… 
 
 
 
つい、 
 
「ええ?ちょっとそれ冷たくない? 
もー、いいよ。お母さんがとってくる。」 
 
といって、さっさと問題解決。 
 
 
 
すると、私のとった行動に 
全然納得のいかない長男が、 
 
「習い事に行かない!」 
 
という、意味の分からない 
ストライキを!! 
 
 
 
・ 
・ 
・ 
 
やってしまった。。。 
 
 
 
確かに、長男のとった行動は、 
ぜんぜん悪くない。 
 
ただちょっと、私の期待 
とずれていただけ・・・ 
 
 
 
こう、気づいてしまったからには 
素直に謝るしかないです。。 
 
「お母さんが勝手に 
しゃしゃり出てごめんね。」 
 
「しかも、冷たいなんてひどいよね。 
それもゴメン。」 
 
「確かに、●●君に責任とって 
もらうのは間違ってないと思う。 
でも、あなたも一緒に遊んでたんでしょう? 
逆の立場だったら、どう思う? 
ひとりの責任としてなすりつけられたら 
お母さんだったら悲しいわ。」 
 
 
 
そういうと、 
 
「確かに、俺もそれは嫌かも」 
 
と、理解を示してくれるかと思いきや、 
 
「俺がその立場なら、ひとりで行く。 
自分のやったことに責任とるのは 
当たり前じゃん。」 
 
との返事が!! 
 
 
 
おーーー・・・ 
これは、失礼!!!!! 
 
そっか。。。 
長男には長男の言い分がある。 
 
 
 
そして、 
反発されたのになんだか嬉しい気持ちに。 
 
(だからといって、習い事行かない 
ストライキは許しませんが。。) 
 
 
 
昔から長男は、 
納得いかないと動けない子で、 
それが集団生活では協調性がなくみえて 
すごく私も悩んできたのですが、 
 
今、思えば、長男が 
こういう個性を持っていてくれて 
よかった。 
 
じゃないと私、きっと長男を 
自分の思うようにコントロールしたり 
 
もっと深く 
傷つけてしまっていたかもしれない。 
 
 
 
そんな長男も、もうすぐ11歳。 
 
これから反抗期に入っていき、 
ますます私と意見はぶつかるかも 
しれないけれど、 
 
長男には長男の言い分があること 
 
「ちゃんと聞くよ」 
 
という気持ちだけは忘れずに、 
なるべく手を出さずに見守ろう 
と思った出来事でした♪ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: Retrato via photopin (license)