プレシャス・マガジン

IQテスト(WISCⅣ)と特別支援[中学生ママ向け]

2017年10月31日(火):配信

おはようございます。 

認定プレシャス・マミートレーナーの
川上悠子です。

 

 

わが子が加害者になってしまったら
 
わが子が加害者になってしまったら(2)
 
の続きです。
 
 
さて、
学校でのトラブル発覚後、
謝罪しなきゃいけない
立場にもかかわらず
「学校を休む」
という、行動に出た中1長男。。。

 
そんな風に育ててしまった
自分を責めたい気持ちで
いっぱいでしたが
 
残念ながら、
自分を責めても
なにも状況は変わらない・・・。

 
そして先日参加したADHDセミナーで
学んだとおり
 
子どもの問題行動は全部
エネルギー不足からくるもの。
(ADHDに限らず、全ての子どもに
言えることだそうです。)
 
子どもにとっての
エネルギーってなんでしょう?

 
美味しい食事や
安心できる環境での休息、
親からの愛情、
だそうです。

 
まずは、そこを補給することに
専念することにしました。

 
でも、ゲームや漫画、
テレビのリモコンは没収。

 
やっぱり、ズル休み
していることには変わらないし
 
現実逃避せずに
ちゃんと問題と向き合う
時間を作ってほしかったから・・・

 
そうして
長男の好きなご飯をつくったり
アロマケアをしながら
話を聞いているうちに
 
「かーさん、
俺がこんな状態でも
やさしいんだね・・・」
 
と、ぽつりとつぶやき、
結局3日ほど休んだあと、
長男自ら学校に行きました。

 
その後、
先生から厳しく指導を受け
 
両方の親を交えた場で
長男が相手のお子さんに
きちんと謝罪する、
ということになったのですが
 
散々、長男なりに悩んだせいか、
その謝罪の言葉は
親の私から見ても
長男の気持ちが伝わるもので、
 
そんなときに不謹慎ながら、
深く頭を下げる長男のことを
少し見直してしまいました。
 
そうして、相手のお子さんも
長男のことを許してくれて
無事に、握手で仲直り。

 
また、相手の親御さんも
とてもいい方で
「きちんと謝ってくれてありがとう。
立派ですね。」
と、長男にお礼まで言ってくださり・・・

 
本当に今回、
担任の先生をはじめ
関わってくださった方々には
感謝の気持ちしかありません。

 

そして、実は、
先生方があたたかく見守ってくださった
理由の1つに、長男が
『コミュニケーションの学級』
という、特別支援級に通っていることも
関係しているかもしれません。

 
ちなみに、私たち親世代や
とくに祖父母世代は、
『特別支援』ときくと
『勉強についていけない子が
いくところ』
と思われるかもしれませんが、
必ずしもそうではありません。

 
今は、WISC-ⅣというIQテストで、
 
・言語理解(VCI)
・知覚推理(PRI)
・ワーキングメモリ(WMI)
・処理速度(PSI)
 
という、4つの指標から
その子の能力を数値化することで、
 
その子が、何が得意で何が苦手、
周りがどんなことに気をつけて
サポートするとよいかまで分かるので、
 
その子その子にあった
きめ細やかなサポートが
受けられます。

 
例えば、長男の場合は、
以下のように記載されていました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
<得意なこと>
耳から聞いたことを覚えていること
複雑な情報を頭の中で処理すること

 
<苦手なこと>
作業を効率よく、
見通しをもって取り組むこと

 
<支援のために配慮すること>
周囲の大人は、○○さんなりのペースを
尊重することも重要でしょう。
「頭に行動がついていっていない」という
本人のもどかしさに寄り添った指導が
求められます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
なので、特別支援級では、
行動を早くするために、
 
『こんなとき、どうする?』
 
といったロールプレイングをしたり、
速読のような目のトレーニングを
したりしていました。

 
また、このような
専門家からの分析結果は
 
学校の先生などまわりの大人達に
子ども自身を知ってもらうのに
とても有効な場合があります。

 
私自身も、長い間
長男の独特の育てにくさに
どう対処すればよいかわからず
困っていたのが
一気に霧が晴れたようでした。

 
ずっと、長男は記憶力もよく
言ったことはよく理解しているので
なかなか行動しないのは
単に怠けているだけだと思い、
 
そんな姿を見て
いつも私は
イライラ怒っていたのです・・・。

 
でもここで、
決して誤解してほしくないのですが、
 
長男みたいな特性がある子は
どんどん周りにサポートを求めればいい
ということを言いたい訳では
ありません。

 
ただ、もし、過去の私のように
子どもの行動が理解できず、
毎日わが子にイライラして
 
親子関係が悪化してしまうような
ことがあるのなら
 
ひとりでかかえこまないで
専門家の力をかりてみるのも
1つの手だということ。

 
視点がガラリと変わります。

 
せっかくの大切なわが子との
貴重な時間を
 
少しでも楽しく、
笑いあって過ごしたいですよね。

 
いきなり病院(精神科)というのは
敷居が高いですが、他にも
 
スクールカウンセラー
児童相談所
保健所
大学の児童心理学研究室
 
などなど、
相談できる機関はたくさんあります。

 
私たち、コーチングのスキルをもった
コーチ&トレーナーも
力になることができます。

 
よかったら、
選択肢のひとつに
加えてみてくださいね♪

 
最後に、
私が腹をくくるのに勇気をくれた
無料メール講座を書いてくださった
亜由未先生、
本当にありがとうございました。
 

******************

川上悠子のブログ

むずかしい男の子ママのための
やさしい子育てアロマコーチング

https://ameblo.jp/maekoyuko

******************

おすすめの講座

無料で学べるメール講座「思春期の子どもにやってはいけない7つのこと」

eラーニング(動画&専任コーチの添削付き通信講座)
「やる気スイッチは押してはいけない ~思春期の子どもが自分で動くようになる5つの極意~」

代表の谷 亜由未の動画と認定コーチによる添削で
自宅で学べるオンラインセミナーです。

先着10名様限定で、谷 亜由未のオンライングループコンサル付き♪

(第一期:2017年11月3日(金)受付締切)



購読登録「プレシャス・マガジン」の登録はこちらから

無料メールマガジン「子育てを楽しみ、ママもパパも輝く!プレシャス・マガジン」は、プレシャス・カレッジの講師&コーチがリレー形式で子育てや自分を学ぶためのヒントをコラムにしてお届けします。
また、イベント、講座スケジュールなどの最新情報をホームページより優先的にお知らせしています。(毎朝8:00に配信)

迷惑メール防止機能をお使いの方は、<precious-mammy.com>ドメインおよびURLリンク付きメールの
  受信が可能かどうか、迷惑メール設定を事前にご確認ください。

登録後、<magazine@precious-mammy.com>よりメールが届きますのでご確認ください。

都道府県