メールマガジンバックナンバー

受験シーズンで大切なこと

2016年1月15日(金):配信

おはようございます!

新学期始まりましたね。
今年は始業式の後すぐに連休があったりで
子供達もなかなかお休みモードが抜けませんね。

 
今月から受験シーズンが始まりますね。
今年は我が家には受験生がいないのですが、
1月になると中学受験の時の事を思い出します。
 
 
子ども2人とも中学受験を体験しておりますが、
もう1月になったら焦ってもしょうがない時期に
入ってきてるので、体調管理を徹底していました。
 
 
 
いつもなんでこんな寒い時期なんでしょうね? 
もう少し子供達の事を考えて時期を考慮して 
いただきたいと心から思います。 
 
 
 
受験を子供がするとき、親がしてあげることで 
何が一番重要だと思いますか? 
 
 
 
それは、安心できる、ホッとできる場を 
作ってあげることです。 
 
 
 
勉強しなさい!!! 
勉強しなさい!!! 
そんなんじゃ受からないわよ!!! 
 
と声かけすることではないです。 
 
 
 
なるべく、勉強の事にはふれず 
楽しい話題で緊張をほぐしてあげることです。 
夫婦ともにニコニコ笑顔で子供を安心させて 
ください。 
 
 
 
きっと受験をする子供達は塾に行っている方が 
多いと思います。 
 
 
 
そして、1月に入ると塾に行く時間も増え、 
集中講座的な感じになると思います。 
 
 
 
塾で一日しっかり勉強してきた後は、 
まずはお家でゆったりさせてあげてください。 
 
 
 
そして、パパもママも仲良くして 
子供にプレッシャーを与える 
言動は避けましょう。 
 
 
 
受験が目の前なのにゲームしてるんですよ。 
受験が目の前なのに全然緊張感がないんですよ。 
 
とおっしゃる方がいらっしゃいます。 
 
 
 
子どもは自分で緊張感を取る方法を知っているんです。 
気分転換をしながら自分をコントロールしています。 
 
 
 
ましてや、中学受験となるとまだまだ12歳。 
 
12歳ですべての受験へのルーチンを完璧にこなすべき!!! 
 
というのは無理です。 
 
 
 
自らなにも言わず出来る子供だったらよいですが。 
親が無理やりにさせようと思っても、勉強が身に 
なりません。 
 
 
 
お互いのストレスが増すだけです。 
 
 
 
勉強に関しては、なるべく塾の先生からだけに 
しましょう! 
 
 
 
親は勉強に関してはお口チャックです。 
 
 
 
そして、お子さんの状態にあった学校選びをしてください。 
 
 
 
決して親の理想・望みだけで受験校を 
選ばないでくださいね。 
 
 
 
一緒に学校を見に行き、体験授業などを経験し 
ここなら、子供が入学したいと思った学校が一番よいです。 
そこが偏差値の高い学校だったら、 
子供と一緒にどうやったらこの学校に入れるか? 
を考えて、子供がどうしたいか? 
を聴いてあげてください。 
 
 
 
偏差値なんてはっきりいって関係ありません。 
どの学校でもよい特色がありますから、 
フィーリングが合う学校が一番良いんですよ。 
 
 
 
私も長男の時はピリピリしてしまったのを 
覚えています。 
毎日毎日受からない日々が続きましたから・・・ 
 
 
 
それでも、こどもは嫌がらずに試験に臨み 
頑張って最後の最後で受かることができました。 
 
 
 
もうその時は毎日毎日夫婦で、子供を落ち込ませない 
ように大丈夫!大丈夫!といいながら、見守っていました。 
 
 
 
12歳男子は事の重大さもわかっていないし、 
試験を受ける行為自体になれていないため 
最初はわけわからなかったようです。 
 
 
 
3回4回と試験を受けて行くうちにコツを 
得たような感じでした。 
 
 
 
12歳男子、そんなものです。 
 
 
 
そして受かった学校がその子にとって 
運命の学校です。 
親子ともにその学校に合格したことを 
感謝しましょうね! 
 
 
 
頑張っている今を大いに褒めてあげてください!! 
 
 
 
では今日もJOYJOYな一日をおすごしください! 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: studying in math class via photopin (license)