メールマガジンバックナンバー

「人格」と「言動」は分けて叱る!

2016年3月8日(火):配信

みなさん、おはようございます。
  
「お母さんは俺のこと嫌いなん?」

こんな事を我が子から聞いた事はないですか?

 
つい感情で怒ってしまった後、
子どもから言われた一言。

 
子どもからしたら、
叱られた、怒られたは
自分の事を嫌いなんじゃないの?
まで、感じてしまう事があるようです^_^;
 
 
 
こんな時、 
あなたならどうしますか? 
 
 
 
まず、 
感情で怒ってしまったのなら、 
謝りますよね。 
 
イライラしてた原因は 
他にあるのですから。 
 
 
 
でも 叱った事に対しては、 
まず、 
「嫌いじゃない!だーーーーーい好きだよ」ですよね♪  
 
 
 
そして、 
「でも、あなたがした事(言動)が 
悲しかったの(親の気持ち)。」 
と、子どもの言動だけが、を伝えますよね。 
 
 
 
そして、最後には 
「お母さんは、こうして貰いたかったなぁ~」 
と、親の想いを伝えます。 
 
 
 
ね、 
人格の否定ではないよ。 
 
 
 
ただ した事だけ、 
それだけが嫌だったの、と 
「人格」と「言動」はわけて 
叱ってみてね♪ 
 
 
 
さあ、今日も今日の自分にたくさん○をつけようね 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』