メールマガジンバックナンバー

息子との二人旅で得た一生忘れられない経験

2016年8月14日(日):配信

前回、8/4の投稿でお伝えしました
長男くんとの京都二人旅行ってきました!

歴史に興味を持ち始めた長男くんと
坂本龍馬のゆかりの場所を巡り
たくさんの感動を手に入れる旅。

この旅では、
彼が一番行きたい寺田屋まで
行き方、
何を見たいか、
いくらかかるかなどすべて自分で準備して
ママを連れて行くことを
彼のミッションにしました。

行く2日前になってスイッチが入り
京都駅から寺田屋までの行き方と
何を見てくるかを事前に調べていました。

そして当日、京都駅に着き、
荷物を預けていざ寺田屋へ!

私は質問されれば一緒に考える姿勢を貫こうと決め
長男くんについて行くことに。

電車、地下鉄、市バスなどいろんな行き方がある中で
彼が選んだのは市バス。

「ママ、19か81ってバスだよ。
◯◯ってところで降りるんだって。」
「そうなんだね。でもどこから乗るの?」

さっそく乗り場がわからない。

どうするのか見ていると
バスの案内板をじっと眺め
「あった。19ってあるからここじゃない?」
「それはどこかなぁ?」
しばらく案内板とバス停を眺めていた長男くん。

乗り場まではどうやって見ればいいのかわからない様子。

一言教えてあげればすぐに解決はします。

しかしそれでは自分で考えて行動する力は育ちません。

黙って見守っていると、乗り場のアルファベットが
書いてあることに気づき
「ママ、C4ってところで乗るみたいだから
そこに行けばいいかも!」
C4の案内の矢印を見つけて
それをたどっていくとバス乗り場まで行けました。

無事バスには乗れたけれど
次は降りるところを見ていないといけない。

バスの表示を見てアナウンスを聞き、
普段見られない集中する表情の長男くんでした。

降りるボタンを押してバスから降りましたがまた新たな問題。

寺田屋までどうやっていけばいいのか?
「どうやって行くの?」と私が聞くと
「え?ここからはママじゃないの?」と。

「寺田屋までママを連れて行くのが任務だから
寺田屋まで着くまでがサニーの任務だよ。」

えー!という顔をしてすこしすねて考えていましたが
「ママ、じゃあスマホでさナビ見せてよ」とひらめき
ナビを見ながら歩いて探すことに。

バス停から寺田屋までは思ったより近くて、
住宅が並ぶ中に目立たずに建っているために
通り過ぎようとしてしまい、さすがに私も
「サニーくん、あの提灯に何か書いてあるんだけど・・・」
声をかけて「あ!寺田屋!あった!!!」
無事にたどり着くことができました。

着いた時の長男くんの顔は、それはそれは嬉しくて
ホッとして達成感いっぱいの顔でした。

行きたかった場所、自分でたどり着いた場所。

見学の仕方も、見ていてこちらの方が面白くなるほど
触って、見て、写真を撮り、案内のおじさんに質問して
最後にはおじさんから特別に坂本龍馬他、
幕末の志士の写真と解説の資料を特別にいただいていて
私まで羨ましくなる特別待遇を受けていました。

子育てでわが子にどんな力を育てたいか。
ここがはっきりしていると日々の子育てでも
わが子への対応の仕方がぶれません。

残りの夏休み、ぜひ何か一つ、お子さんに育てたい力、
経験させたいことをみつけて挑戦させてみてください。

きっと普段みられないお子さんの姿や成長がみられるはずですよ☆

もし、なかなかその機会が作れない、
つい口を出してしまいうまく関われないという方は
ぜひ親子イベントにいらしてください!!

発達が気になるお子さんとお母さんを対象に
夏休みを乗り切るコツをお伝えする座談会を
名古屋で開催します。

日頃感じている悩みや聞きたいことに
私が出来る限り答えます。

お子さんの特性タイプに合わせた
オススメの遊びも紹介します。

お子さんと一緒に
ぜひ体験してみてくださいね。

先着6組限定!残り4組!
8月25日(木)10:00~12:00
詳細はお申し込みされた方に
メールにて連絡します。

▼詳細はこちら▼
http://niko-pika.net/?page_id=4920&joy814

それでは今日も、JOYいっぱいの1日を♪♪(*^▽^*)

子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: Sharing Snails via photopin (license)