メールマガジンバックナンバー

お年玉で子どもの世界はさらに広げられます!

2016年1月14日(木):配信

おはようございます。 
いつも読んでいただきありがとうございます。

お正月からもう2週間が過ぎてしまいましたね。
今日はお正月に投稿した私のブログ記事から
好評だった内容についてご紹介します。

 
 
子ども達がお正月に
一番楽しみにしているものって
なんだと思いますか?
みなさんも子どもの時
とっても楽しみにしていたもの。 
そう!お年玉!
 
 
 
いつもはお手伝いをしないと 
もらえないお小遣がたくさんもらえる機会。 
 
 
 
この風習は、新年をお祝いして 
1年を健康で幸せに過ごせるように 
という願いが込められているものです。 
「お年玉」はもともとは神様への捧げ物だったそう。 
 
 
 
新しい1年の無病息災を祈り 
神様への捧げていた鏡餅がお金に変わって 
「お年玉」と呼ばれるようになったとか。 
 
 
 
それが新年の挨拶に来た子ども達への 
お土産になって行ったのだそうですよ。 
 
 
 
「お年玉とは何か」 
歴史が好きなお子さんには教えてあげるのも 
とってもいいかもしれませんね。 
このお年玉、ただ「はい」ってあげて 
それで終わりになっていませんか? 
もしそうだったらとってももったいないです! 
お年玉でお子さんの世界は 
今よりもっと広げられちゃいます! 
 
 
 
このブログやメルマガを読んで 
子育てを学ぼうとしているみなさんには 
ぜひこんな視点でお年玉も活用してみてほしいんです。 
ではどんなことができるのか? 
 
 
 
例えば、数字が大好きなお子さんなら 
もらったお年玉を数えてみる。 
数の位をそこで教えてあげると 
数って増えると呼び方が変わるんだ! 
千円札って100円玉10個なんだ! 
こんな気づきもできますね。 
 
 
 
また、お金の位や大きさがわかるなら 
お年玉で何を買うか 
計画を立てさせるのも良いですね。 
もし貯金させたいと思うのなら 
お正月休み明けに一緒に銀行に行って 
貯金を窓口でさせてみたり。 
 
 
 
普段お母さんからもらって使っているお金が 
特別なものになったりします。 
 
 
 
それからお金だけじゃなく 
お年玉が入っているぽち袋だって活用できます! 
工作が好きなお子さんだったら 
ぽち袋ってどんな風にできているか 
分解してみて折り紙で作ってみるのも 
面白いかもしれませんね。 
 
 
 
それからこんな遊びもおもしろそう。 
お年玉のありかを描いた地図を入れて渡し、 
その地図を読み解いて本当のお年玉を見つける宝探し! 
ワクワクして地図を読み解いて 
お母さんとやりとりも楽しめますね。 
 
 
 
お正月は終わっても子育ては毎日続きます。 
そしてお子さんの世界を広げるチャンスは 
無限にありますね。 
 
 
 
お年玉を使ってどんな関わりをしてみますか? 
ぜひあなただからできる 
お子さんの世界を広げる関わり方の工夫を 
してみてくださいね。 
 
 
 
みなさんがやってみたことぜひ教えてください。 
 
 
 
それでは今日も、JOYいっぱいの1日を♪♪(*^▽^*) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』