メールマガジンバックナンバー

子育てはちょっとの工夫でうんと楽になります!

2015年10月23日(金):配信

おはようございます。 
 
子育てで良く感じる悩みってなんですか? 
 
イライラしてしまう。 
褒めたいのにうまくできない。 
 
 
 
やることが多くて 
いつも時間を気にしちゃう。 
かわいいはずのわが子に 
なぜかきつく言ってしまう。 
 
 
 
などなど。尽きないですよね。 
 
 
 
前回から 
子育てでイライラする時の 
対処法についてお伝えしています。 
 
 
今日はこんなイライラ。 
 
 
みなさんはこんな悩み 
ありませんか? 
 
 
 
子どもが自分でやれるように 
したいけれど 
どうすればできるようになるのか 
分からない。 
 
 
 
朝の支度、 
帰って来てからの手洗い、 
お片付けに宿題など。 
 
 
「やったの?」 
「いつやるの?」 
「まだやってないの?」 
 
 
 
ついこんな言葉が 
多くなってしまいますよね。 
 
 
 
私もコーチングを学ぶまで 
この言葉を毎日 
子どもにかけていました。 
 
 
 
口からどうしても出てしまう。 
本当は言いたくないのに。 
 
 
 
でもどうやったら 
自分でできる子になるのか 
分からなくて 
 
 
 
同じ言葉を繰り返すしか 
ありませんでした。 
 
 
 
私は今、プレシャス・マミーの 
講座をしばらくお休みして 
私の経験を活かした 
子育て相談をしています。 
 
 
 
特別支援学校教員と 
子育てコーチの 
知識と経験を活かして、 
 
 
発達が気になる 
お子さんをお持ちの 
お母さんのサポートをしています。 
 
 
 
先日、3ヶ月のコーチングに 
お申込みいただいたお母さん。 
 
 
セッションの中で 
娘さんが幼稚園から帰って来て 
夕ご飯を食べるまでの時間が 
毎日とってもイライラする。 
どうしたらいいのでしょうか?との 
相談がありました。 
 
 
 
そのイライラの理由は何でしょう? 
 
 
集中してご飯を作りたい。 
子供と少しでもあそんであげたい。 
でも思うようにいかない。 
ご飯を集中して作れない。 
 
 
できないが重なっていき 
不満がたくさんたまるから。 
 
 
そして何が一番の原因なのか? 
 
それはたくさんの「~ネバナラナイ」。 
 
 
はやくご飯を作らなきゃいけない。 
帰ったら手を洗うべき。 
片付けは自分でやるべき。 
ご飯の前にはお風呂に入らなければいけない。 
子どもと遊んであげるべき。 
 
 
 
このネバナラナイは、 
私たちの無意識の中にあるもの。 
 
 
 
生まれてからの経験や 
周りの人にかけられた言葉、 
自分の経験。 
いろんなものから作られてきたもの。 
 
 
この思い込みを意識することが 
イライラを上手に 
コントロールするためには 
大切なんですね。 
 
 
 
皆さんにはどんなネバナラナイがありますか? 
それは本当に必要? 
本当にしなければいけないこと? 
 
 
いらないネバナラナイは手放していい。 
まずは自分には 
どんなネバナラナイがあるのか 
書き出して意識して見くださいね。 
 
 
 
そしてお母さんが変わるのと一緒に 
子どもも自分でできるようになったら 
嬉しいですよね。 
 
 
そのためにはどうすればいいのか? 
 
 
それについては次回お伝えします! 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: 秋童 -笑顔- via photopin (license)