メールマガジンバックナンバー

プレシャス・カレッジ学長として

2015年11月6日(金):配信

おはようございます♪ 

プレシャス・マミーメンターコーチの 
谷亜由未です。 
 
 
さて最初は、来年1月から開校の 
プレシャス・カレッジのサイトに 
掲載させていただいた 
学長あいさつを、 
みなさんにも 
お読みいただきたく、 
紹介させていただきます。 
 
 
 
長文ですが・・・ぜひ最後まで 
おつきあいくださいませ♪ 
 
 
 
========== 
 
はじめまして。  
プレシャス・カレッジ、 
学長の谷亜由未と申します。 
 
 
 
この度はプレシャス・カレッジに 
興味を持っていただき 
ありがとうございます。 
 
 
 
「子育てって難しい。 
どうしたらいいのかわからない。」 
 
「親として、自分の育て方が 
これでいいのか、自信がない。」  
「子どもはかわいいけれど、 
ついイライラしてしまう 
自分がイヤだ・・・」 
「父親になったけれど、 
子育てにどうかかわったらいいのか 
わからない。」 
 
 
 
と、子育てに関して何かお悩みがあって 
このサイトにたどり着いて 
くださいましたか? 
 
 
 
それとも 
 
 
 
「親としてのあり方を学びたい。」 
「母親だけでなく、 
自立した一人の女性として 
人生を歩みたい。」 
「パートナーシップをよりよくして、 
いまよりもっとシアワセな家族に 
なりたい。」 
 
 
 
という思いで 
お越しくださったのでしょうか? 
 
 
 
まさにここは、そんなあなたのための、 
子育てと自分自身についての学びの場です。 
 
 
 
ごあいさつとして、 
このプレシャス・カレッジを開講することに 
なった経緯を、私の経験と思いを交えて 
お話させていただきます。 
 
 
 
日本に新幹線が開通し、 
東京オリンピックが開催された年に 
愛知県西尾市で生まれ育った私は、 
サラリーマンの父親と、 
内職やパートをしながら 
二人の娘を育ててくれた母親の背中を見て 
育ちました。 
 
 
 
そんな私の中には、 
「女のシアワセは、普通に結婚して 
子どもを2人くらい育て、家事や育児に 
支障のない範囲で仕事をして、 
そこそこの暮らしを送ること」 
という価値観が無意識に刷り込まれて 
いました。 
 
 
 
そしてそれを実現すべく、短大を卒業し、 
腰掛就職、3年半で寿退社、 
自営業の夫と結婚をしました。 
26歳で子どもを授かり、 
若い母親になりたい、という、 
唯一のささやかな願望もかなえることが 
できました。 
 
 
 
「子どもが好き」 
「早く子どもが欲しい!」 
と思いながら、結婚当初なかなか子どもが 
授からなかった私は、 
「子どもさえできればすべてハッピーなのに 
・・・」と不妊治療にも通いました。 
 
 
 
そしてやっとの思いで願いがかなって 
我が子が生まれたにも関わらず、 
すべてがハッピーになったか、と言えば 
そうではなく・・・ 
こんなに大変で、こんなに思い通りに 
ならないことがこの世の中にあったんだ!! 
と子育ての大変さを思い知らされました。 
 
 
 
とはいうものの、夫の両親、自分の両親も 
健在で、 
両方の親に手を貸してもらいながら、 
かわいいわが子の成長を楽しみつつ、 
自営業も手伝い、 
イメージしていた平凡でシアワセな生活を 
送っていました。 
 
 
 
ところが結婚13年目にして、 
突然夫から離婚を言い渡されます。 
「いい嫁、いい妻、いい母」を 
一生懸命しているつもりだった私にとって、 
大きな岩を頭の上に落とされたような 
衝撃でした。 
 
 
 
そこで初めて気づいたのです。 
「私は夫の運転する車の助手席に乗っていた 
だけで、降ろされたとたんに一人では 
どこへも行けない・・・。 
女性も経済的に自立していなければ、 
人生を選べないんだ。」 
と。 
 
 
 
とはいえ、資格もなければとりえもなく、 
自分で稼いで自立できるような 
自信もなかった私は、 
ひとまず夫婦関係の修復に努め、 
その時離婚は免れました。 
 
 
 
そして平凡にシアワセそうな生活が 
再び戻ってきました。 
ただ、それ以来ずっとずっと、 
私の心の中で同じ質問が 
繰り返されていたのです。 
 
 
 
「私の人生は、 
本当にこのままでいいのかしら? 
もっと私にもできることが 
あるんじゃないかしら?」 
 
 
 
このことをきっかけに、 
私は自分にスキルをつけようと習い事を 
探し始めました。 
35歳過ぎという年齢だからこそ、 
仕事になりそうなこと・・・。 
 
 
 
そんな私の目に止まったのが、 
「コーチング」だったのです。 
 
 
 
当時時給850円のアルバイト主婦だった私には 
高額な講座でしたが、 
なんだか「ピン!」ときて、 
とても魅力的に思えたコーチング講座を 
受講することにしました。 
 
 
 
そして学び始めてから、 
私の目からうろこが何枚も何枚も 
剥がれ落ちていったのです。 
そのたびに、 
「これは絶対、ママたちに伝えたい! 
知らないで子育てしちゃいけない。 
子育てのためにも、 
ママの人生のためにも。」 
という思いが強くなりました。 
 
 
 
そこから私の講師活動が始まりました。 
その後、 
同じくコーチングを学んだ仲間と一緒に、 
ひとつめの会社を立ち上げて、 
企業研修としてコーチングを伝えはじめ 
ました。 
 
 
 
ただ私の中ではどうしても、 
ママたちにコーチングを伝えたい、 
という気持ちが強かったのと、 
自分がこれを伝えるだけで 
終わってしまっては片手落ちだ、 
という思いもありました。 
なぜなら、女性も自立していなければ 
人生を選べない、と思った私だったので、 
女性が自立していくことも 
サポートしたかったのです。 
 
 
 
そこで、自分が伝えるだけでなく、 
子育ての経験と 
それに役立つコーチングの学びを 
伝えられる講師を育てる仕組みを作りたい、 
と思っていました。 
 
 
 
そんな私にチャンスが訪れます。 
息子が東大に現役合格してくれたのです。 
「どうやって育てたんですか?」 
とあまりに皆さんから聞かれるので、 
自分の経験とコーチングでの学びを交えて 
本を書きました。 
(1冊目の著書「東大脳は12歳までに 
育てる!」) 
そしてこれを機に、 
新しくママたちにコーチングを伝える会社 
「株式会社プレシャス・マミー」 
を作ったのです。 
 
 
 
ママたちに講座をするようになって、 
子育てに困っているママ、 
悩んでいるママが本当に多いことを 
知りました。 
 
 
 
そして共通して言えるのは、 
そのママたちは自分に自信がないのです。 
自信がない原因は、 
自分自身のことをよくわかっていない、 
というところにありました。 
 
 
 
自分にはどんな強みや能力があって、 
どんなことを大切に思っていて、 
どうなれたらシアワセなのか・・・ 
 
 
 
自分のことなのに自分のことが 
何もわかっていない、 
そんなママたちがほとんどでした。 
ひとりひとり、すばらしい能力や強みを 
持っているのに、気づいていない、 
活かしていない・・・。 
そしてそれは、かつての私も同じでした。 
 
 
 
そんなママたちも、 
子どもとの接し方を学ぶとともに、 
自分について掘り下げて、 
自分を学んでいくことで、 
だんだんと自信をつけていきました。 
 
 
 
顔つきが変わり、言葉が変わり、 
笑顔が増え、毎日が楽しくなり、 
その結果、子どもも変わってきたのです。 
 
 
 
子育てで最も大切なことは、 
親が夢を持って人生をイキイキと生きる、 
その背中を見せること。 
 
 
 
それを一番実感しているのは、 
学んでくれたそのママたちでした。 
そして自分が変わったことで、 
自分も講師になって、 
これをもっと多くのママたちに伝えたい! 
と思ってくれるママたちが増えてきました。 
 
 
 
そんな中で、ママだけの講座の中に、 
ひとりパパが加わってくれました。 
パパも一緒に学ぶことで、 
ママたちはパパの気持ちや考えを 
知ることができ、またパパも、 
ママたちの気持ちや考えを知ることができて 
学びがとても深まりました。 
 
 
 
また多くのパパたちが、 
子育てに関わりたいけれど、 
何をどうしていいのかわからない、 
それをママに聞くこともできない、 
と思っていることもわかりました。 
 
 
 
学んでくれたパパは、 
これはママだけでなく、パパたちにも 
知ってほしいことだ、 
だから自分はパパに伝えたい、 
と言ってくれました。 
 
 
 
そしてパパとママが一緒に学ぶことが 
できれば、もっとお互いをわかり合って 
よい子育てができ、 
シアワセなパートナーシップが築け、 
家庭が円満になる・・・ 
とどんどんとみんなの思いが 
膨らんでいきました。 
 
 
 
それならば、ママだけでなく、 
パパも子育てを学ぶ場を作ろう、 
パパだってママと同様、 
自分のことがわかっているわけではない、 
パパも、ママも、自分について学んで、 
より自分らしい人生を歩めるよう、 
より良いパートナーシップを築けるよう、 
サポートする場を作ろう・・・ 
 
 
 
最初は私一人の思いから始まりましたが、 
集まってくれたパパやママの思いが 
重なり合ってこうして形になったものが 
「プレシャス・カレッジ」です。 
 
 
 
子育ては、 
この世の中で最も素晴らしい「偉業」です。 
それをがんばっているママは、 
プレシャスな存在です。 
 
 
 
そのママと子どもたち、家族を愛し、 
守るパパももちろん、 
プレシャスな存在です。 
 
 
 
「子育て」という「偉業」を 
成し遂げた経験が、 
仕事として活かされ、 
子育てがキャリアになる日本。 
 
 
 
「子育て」という「偉業」に 
いきなり取り組むのではなく、 
学んでから育てるのが当たり前の日本。 
 
 
 
子どもの持つ可能性を最大限に引出し、 
活かすことができる親、先生ばかりの日本。 
 
 
 
パパとママがお互いの価値観を理解、尊重し 
強みを生かしてその人らしい生き方を 
応援し合える関係性が築ける日本。 
 
 
 
プレシャス・カレッジは 
そんな日本を目指して、 
パパとママが 
子育てと自分について学ぶ学校です。 
 
 
 
さあ、あなたも、我が子のために、 
パートナーのために、 
あなた自身のために、 
日本の未来のために、 
どうぞ、同じゴールを目指して、 
ともに学び、高め合いましょう!! 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』