メールマガジンバックナンバー

私には価値がない、役立たずだ、と思ったら・・・

2017年5月31日(水):配信

おはようございます。
働くママを応援する 認定プレシャス・マミーコーチ、
石田映子です。
 
 

初めての育児、楽しみに
していたはずだったのに、何か違う…

愛しい我が子だけれど、
何を求めて泣いているのかわからなくて、辛い…

この子にとって「いい母」でいられてるのかな…
 
 

また、4月、5月に育児休暇明けで
仕事に復帰したママさん。
職場で、出産前と同じ感覚で
働くことができていますか?

あれ?何か前と違う…
早く帰ってしまうけど役に立てるのかな…
 
 


「私は子どもにとって、十分な母親ではない」
「私は職場で役に立っていない」

こんな風に感じたら、とても辛いですよね。
 
 

実は、これ、私が実際に感じたことでもあります。
 
 

子どものために、いい母親でありたい。
だから、子どもの気持ち、要求を理解したい。
子どもの笑顔をたくさん、見たい。
 
 

子育てしながらの仕事でも、充実感を得たい。
自分が役に立っていると感じたい。
 
 

子どもが愛しいからこそ、
仕事をしたいからこその、悩みです。
 
 


でも、本当に、十分な母でないのでしょうか?
本当に、職場で役になっていないのでしょうか?
 
 

そんなこと、絶対、ないんです!
 
 

一日を振り返って、自分がやったことを全部、
書き出してみてください。
朝起きてから、寝るまでのこと。
 
 

朝起きた
献立を考えた
朝食を作った
配膳した
食事を食べさせた
食器を洗った
掃除をした
ごみをまとめた
洗濯をした
授乳した
オムツ交換をした
子どもを着替えさせた
抱っこした
おんぶした
保育園の準備をした
保育園へ送っていった
出勤した
仕事をした
保育園にお迎えに行った
食材の買い出しをした
夕食を作った
子どもを着替えさせた
絵本を読み聞かせた
子どもと一緒に遊んだ
お風呂の準備をした
洗濯物をたたんだ
子どもをお風呂に入れた
子どもを寝かしつけた
などなど。
 
 

ほら!
毎日、すごくたくさんのことをやっているって、
じわじわと実感できますよね。
 
 

そして、どれも、子どものため、職場に貢献するため、
という目的があるからこそやっていること。
 
 

これだけのことをやっている自分に、
価値がないなんて、ありえない。
そう思いませんか?
 
 

必ずしも、誰かから
「頑張っているね!」「ありがとう!」「助かったよ!」
と声をかけてもらってはいないかもしれません。

でも、もし、書き出したことを全部、
あなたがやらなかったとしたら、
誰かが代わりにやるわけです。

それだけ価値のあることをやっているってこと。
もっと自分をほめましょう。
 
 


自分を褒めるなんて、気恥ずかしいし、
当たり前のことをしているだけで、
褒めるに値しない、私はそう思っていました。
 
 

でも、自分に価値がないとか、
不十分だと思っていると、辛いので、
子どもを寝かしつける時に、

「今日1日、保育園がんばったね。ありがとう。
明日も楽しいことがたくさんあるといいね。

ママも、今日がんばったなぁ。
パパもがんばってくれてて、ありがとうだね。
みんな、すごいよね。お疲れさま。」

と話しながら、寝るようにしました。
 
 

繰り返していたら、だんだん、

よくやってるよ私!
今日もお疲れ様!

って、自分をねぎらえるようになってきて、
そのうち、自画自賛^_^することが、
平気になってきました。
 
 

ママはみんな、がんばってる。
家族、子ども、職場への義務感だけではなく、
そこに愛があるからできること。
そんな価値ある自分を、認めていきましょう!
 
 

石田映子のブログはこちら↓↓↓
http://lohasmile.net/