プレシャス・マガジン

こどもの発達をうながす遊び♡

2017年1月31日(火):配信

おはようございます。
働くママを応援する
認定プレシャス・マミーコーチ、石田映子です。

今日もプチっと応援していただけると、
嬉しいです!!

育児・アドバイザー ブログランキングへ

あっという間に年が明け、明日から2月ですね。
この時期になると、4年前に、職場復帰を考えながら

「保育園、決まるかなぁ」

「決まったら仕事復帰だけど、
0歳から預けるなんて、
うちの子はかわいそうなのかな」

「いっそ、仕事、辞めちゃおうかな」

と複雑な心境になったことを思い出します。

4月から保育園に通うとなると、
娘とべったり過ごせるのは今しかない・・・
今だからこそ、娘にしてあげられることって何だろう?
すごく考えた時期でした。

今回は、短時間で楽しい
子どもとの遊び方を紹介します。

当時10ヶ月の娘への働きかけとして
やっていましたが、大うけでした。
ママも楽しむのがポイントです。

■抱っこしながら音楽をかけてダンス♪

この時流す音楽は厳選しました。
明るいメロディーラインの
曲であることはもちろんですが、
クラシック音楽なら、子どもに
聴かせるといいといわれるモーツァルト、
他にはディズニーの英語の歌、
童謡を選んでいました。

娘を抱っこして、リズムに合わせて、
横に大きく揺れたり、
軽くジャンプしたり、
娘を落とすフリをしたりして、遊びました。

子どもの体重次第では、
産後のエクササイズにもなります。

ジャンプや落ちそうになる時、
娘はとても喜んでくれましたが
ひざや腰に負担がくるので(笑)ほどほどに。。。

■ぶら下がり

私の両手の親指を、娘に握らせて、
娘を持ち上げてぶらーんぶらん。
赤ちゃんの発達にぶら下がりがいいと
聞いたからです。

でもこれ、段階的にやるのがポイント。

仰向けに寝かせたところから、
ゆっくり引き上げていくイメージで
やってみてくださいね。

子どもの上体を起こすときに、
ママの両手の親指を握らせることからはじめます。

握る力が強くなってきたら、
徐々に、ゆっくり起こしながら、
お尻を浮かせていきます。

最終的にお尻も足も、床から
離れるようになっていきます。
しっかり握れるようになったら、
持ち上げちゃいます。

過度に揺らさないようにしてくださいね。
重くてできないと思いますが(笑)

このぶら下がり、「ブレキエーション」といって、
新生児からやってもいいそうです。
でも、私は少し怖かったので、
首が据わってからやっていました。

■絵本の早めくり読みと絵さがし

集中できる時間がまだまだ短いので、
絵本の読み聞かせは、
文字を一字一句読み上げることよりも、
絵を楽しむことにしていました。

たとえばこの本
「いないいないばあ」(松谷みよ子 著)

表紙から順に、1ページ1秒以内に
めくっていました。
(この本は文字も少ないので読めます)

別の読み方としては
背表紙から順に読んだり、
わざとページを飛ばして、
本の順序どおりでない
「ばあ」を見せたりしました。

絵さがしも楽しんでいました。
「きんぎょが にげた」(五味太郎 著)
では、金魚を探して指さし。

「とりかえっこ」(さとう わきこ 著)
では、ストーリーの主人公である
ひよこに注目するのでなく
見開きページの絵に登場する
脇役たち(アリ、かまきりなど)を探して
指さしして遊びました。

絵本って、ついつい、
文字を読んであげたくなりますが
そうでない遊び方あるので、おすすめです。

保育園に入園して仕事に復帰すると、
平日に子どもとべったり遊べる時間が
短くなります。

けれど、上で紹介したものは、
短い時間にぱぱぱっと遊べます。
ぜひ、取り入れてみてくださいね♪

石田映子のブログは▼
コチラ♡



購読登録「プレシャス・マガジン」の登録はこちらから

無料メールマガジン「子育てを楽しみ、ママもパパも輝く!プレシャス・マガジン」は、プレシャス・カレッジの講師&コーチがリレー形式で子育てや自分を学ぶためのヒントをコラムにしてお届けします。
また、イベント、講座スケジュールなどの最新情報をホームページより優先的にお知らせしています。(毎朝8:00に配信)

迷惑メール防止機能をお使いの方は、<precious-mammy.com>ドメインおよびURLリンク付きメールの
  受信が可能かどうか、迷惑メール設定を事前にご確認ください。

登録後、<magazine@precious-mammy.com>よりメールが届きますのでご確認ください。

都道府県