メールマガジンバックナンバー

[小学生ママ向け]子どもの話をどんなふうにきいていますか?

2017年6月14日(水):配信

はじめての小学1年生ママ応援コーチ
認定プレシャス・マミートレーナー
たかはしゆかです。
 
 
「ねえ、ねえ、お母さん、あのね。。。」
 
 

子どもが話しかけてきたとき、
どんなふうにきいていますか?
 
 

「きく」という字には
2つの漢字があります。
 
 

よく使われるのは「聞く」という字。
 
 

でもママには
「聴く」
という字を意識してほしいのです。
 
 

「目」と「心」で
「十分」に
「耳」で
「聴く」
 
 

目と心で十分に聴くって一体どういうこと?
 
 

ママさんは、
どうしても毎日大忙しっっ

あれして!
これして
あれもして!
これもして!

って、
頭の中は、
やらないといけないことでいっぱいなのです。
 
 

子どもが話しかけてきても、

「ちょっと待って!」

この言葉をついつい
かけてしまう。。。
 
 

「話を聴くことが大切ってわかってるよーーー。
でも、できないんだよーーー。」

って、
ママの声が聞こえてきそう、、、
 
 

いつもいつも聴いて!
なんて
できないよ。
 
 

でもね、

聴き方を変えれば、
子どもはグンと変わる。

親の聴き方によって
子どもは大きく変わっていくのです。
 
 

聴き方ってとっても大切。

四六時中いつも子どもの話を聴いてねなんて無理。
 
 

できる時間は

子どもの目を見て
うんうんって心で受け止めてほしいのです。
 
 

そんな大切な聴き方をこちらでお伝えしています。
 
 
▼大切な聴き方が学べる1dayセミナーはこちら▼
http://ameblo.jp/yu-ka-go/entry-12282085432.html
 
 

子育て学ぼうよ!
学べば、たくさんのヒントがもらえて
すぐに子どもに試したいことばかり!
 
 

ママが学べば
元気になれる!
笑顔で過ごせる!
 
 

だってね、
ママが笑顔でいることが
子どもにとって、家族にとって、
一番うれしいことだから♪
 
 
あなたのことお待ちしています♪