メールマガジンバックナンバー

その言い方、子どものやる気を奪っていませんか?

2017年5月4日(木):配信

おはようございます。
はじめての小学校1年生ママ応援コーチ
認定プレシャス・マミートレーナー
たかはしゆかです♪
 
 

「宿題はーー???」

「言っても言ってもやらないんだからー!」

「何度言ったらわかるのよー」
 
 

宿題をしないわが子を見て
イライラ
どっかん!!

親と子のよくあるある場面です。
わが家でも。。。( ; ; )

怒ってしまうのが手っ取り早い。
 
 

だから

怒ってしまいがち。
イライラをぶつけてしまいがち。
 
 

でもね、

残念ながら
子どもはそれでは
やりません。
 
 

小さい頃はまだそれでも
怒りで押さえつけられることができるんです。
 
 

でも、だんだんだんだん、効果なし。

その言い方では、
わが子には伝わってないのです。
 
 

「あーーーまたママに怒られちゃった。。。」

って、
子どもは傷ついています。
 
 

ママが
よかれと思って
子どもに言っていることが
逆に
子どもの宿題をやろうとする気もちを
奪っているということはよくあることです。
 
 

少し

言い方を変えてみませんか。
 
 

どんな言い方なら子どもに伝わるのか。

言葉にどんな気持ちをのせていますか?

私はこれが
一番大切なこと
だと思ってます。
 
 

わが子が宿題にとりかからない時、

私は、

「宿題は?」の言葉に、

「どうせ、
あなたはまだ宿題してないんでしょ。
 だらだらしてばっかりなんだから、
あんたは。
   てきぱきしたらどうなのよ。」
 
 

    ↑  ↑  ↑    
  子どもに向ける顔はこんな表情
 
 

そんな気持ちを乗せて、子どもに投げかけていました。

そりゃ、反発もするよね。
 
 

「宿題は?」の言葉に、

「今日は、あなたはどうするの?
   頑張って。
   あなたなら、宿題やるって
おかあさんは信じてるよ。」
 
 


     ↑  ↑  ↑  
  子どもに向ける顔はこんな表情
 
 

そんな気持ちを乗せて、
子どもに投げかけてみたらどう??

やろうっていう気持ち、
前向きな気持ちになるよね。
 
 

言葉よりも気持ちが伝わる。

言葉に、
「大丈夫だよ。
おかあさんは信じてるよ。
あなたはできるよ。」

そんな気持ちを乗せて伝えよう。
 
 

子どもは、

「お母さんが、
私を応援してくれてる。
信じてくれてる。」

そんな気持ちになって、
絶対がんばると思うんだ。
 
 

だって、
大好きなお母さんが信じてくれるんだよ。
応援してくれるんだよ。

絶対がんばるよ、子どもは!!
 
 

そんな子どもに伝わる言い方学びませんか?
 
 

子どもに伝わる言い方も盛り込んだセミナー

「教えて!わちょ先生 ゆか先生
子どもに勉強習慣をつけるために
ママがやるべきこと と やってはいけないこと」
 
 
こちらでお伝えしています♪

宿題をせっかくやるなら楽しくやりませんか?
 
 

心よりお待ちしてます♪
 
 

▼お申し込みはこちらから▼

http://ameblo.jp/yu-ka-go/entry-12262412290.html
 
 
▼たかはしゆかのブログはこちらから▼
http://ameblo.jp/yu-ka-go/entry-12262412290.html