ママも子どもも幸せになるシンプルな考え方




長男が中学生のころ

学校を休みまくった時期に

私が読んでめちゃくちゃ納得、

そして、実践することで

子育てって、シンプルで楽しい!

毎日が喜びであふれてる!

と思えるようになった

ブログについて

ご紹介したいと思います。


うちの長男が

学校に行きたがらないのは

小学校からのことだったし

(少し、発達に偏りがあります)

それまでに、

プレシャス・マミーで

コーチングを学び

場面場面での

子どもとの関わり方も

自分の心のメンテナンスのしかたも

知っていたし

分かったつもり

できてたつもりになっていたけど

今思えば、

大事な「基本」が抜け落ちて

しまっていたのかもしれません。


そんなときに読んで

基本に立ち返ることができた

ブログがこちら♪


ーーーーーーーーーーーーーー


育児ストレスにさよなら!

子どももハッピー♪

頑張り屋なママがラクに楽しくなる生き方

全受容☆子育てカウンセラー


宇野 海

(「子どもへのまなざし」の著者、

佐々木正美先生(児童精神科医)が

顧問の子育て協会で学ばれた方です)

https://ameblo.jp/iki2ma2/


ーーーーーーーーーーーーーー


この方のブログやメルマガには

「心の発達課題」

について

とても分かりやすく説明されていて

なおかつ

「じゃあ、具体的にどうしたらいいの?」

ということがシンプルに

書かれています(^^)


しかも、

発達障害の診断を受けた息子さんに

そういう関わりを続けた結果

息子さんが高校生になるころには

いつの間にか

クラスのムードメーカー

何も言わなくても自分で


「〇〇時〇〇分になったら

ゲームやめて風呂入ろうっと」


と時間を決めて行動し、

(発達障害と診断される子は、

時間を意識して行動するのが

難しいことが多いです)


大学も自分で決めて合格し、

さらに、入学してから

自分の想像と違っていたことが

分かったとたんに即退学

 ↓

プロのサッカー選手になったという(◎o◎;)

そんな、実体験が

より説得力を増しています☆


なので、気になる方はぜひ

ブログをじっくり

読んでみてくださいね♪

で、少し話を戻します。

私が「基本」に立ち返ることが

できた内容について

ざっくりまとめると、


ーーーーーーーーーーーーーーー

わが子に幸せな人生を

歩んでほしかったら、

子どもが望むことを

自分が喜んでできるだけやればいい!

ーーーーーーーーーーーーーーー


こんな感じです♪

めちゃくちゃシンプルじゃないですか!? 


もうちょっと補足すると、

「子どもが望むこと」をやることと

「自分が喜んでできるだけ」でいいこと

これが、当時の私には目からウロコでした。


・赤ちゃんが泣く

・幼児がダダをこねる

・思春期で荒れる

 

これら全て、

子どもが「愛をください」

と訴えている行為なので、

 

 

そういうときには、

愛を与えればよい。

愛とは、

「相手の望みを

相手の望むとおりに

叶えてあげること」

とそこには書かれていました。


私は、長男の

「学校を休みたい」という

SOSには応えていたけど

そのずっと前から長男が

私に向かって一生懸命発していた

メッセージ(長男の望み)を

見落としていただけでなく

長男のためを思った「おしつけ」


栄養バランスの良い

ご飯をしっかり食べてほしいとか

夜は早く寝てほしいとか

ゲームの時間を守ってほしいとか

そういう「自分の望み」を

長男に叶えてもらおうとしているほうが

断然多かったことに

そこでやっと

気付くことができたんです。


さらにやっかいなのが、

「栄養バランスの良い

ご飯をしっかり食べてほしい」

これ、、、

「体が元気になりますように♪」

みたいな、

ハッピーなエネルギーを乗せて

作っていられたらよかったのだけど

私は料理が得意じゃないくせに

なぜか、

どんなに忙しくても手作りで

栄養バランスよく!

ということにこだわっていて

無意識のうちに

「ぜーぜーはーはー。

がんばって作ったんだから

残さず食べてよね!!」

(本当は、今日は作りたくなーい!)

みたいな、おもたーーい念?

を込めてしまってて

大反省(ToT)


しかも、長男自身は、

毎日大好きな牛丼が食べられれば、

それで幸せなのに。

まるで、かみ合ってない(笑)

でも、そんな矛盾に気付いてからは

長男の本当の望みにも

自分の本当の望みにも

丁寧に耳を傾けるようにして

「長男の望んでいることを

私が喜んでやれるだけしかやらない!」

と決めると、

やっとそこから

うまくエネルギーが循環しだしました。


ご飯も、

長男が食べたいメニューの中から

私がゴキゲンで作れるものだけ作る

自分が喜んでやれないことは

まずは夫に相談

お惣菜も冷凍食品も

ありがたやー

と、少しずつ

こだわりを手放すことを

意識していったら

気が付くと長男は

相変わらず

「学校いきたくねー」

と口では言ってるけど

なんだか毎日楽しそうに

高校に通ってて

長年の爪をかむ癖も

なくなってました(◎o◎)


ちなみに、

長男とゲームの時間について

話し合うのも

朝、自分で起きられるようになるには

どうしたらいいか話し合うのも

寝坊しそうなときに

叩き起こすのも

全て、今は夫の担当(笑)

ワンオペが当たり前で

その状況を変えられるとも思わず

無理に受け入れて

納得しようとしていた私の

本当の望みは、

夫と一緒に子育ての

悩みも喜びも共有して

共に味わいたい、だった・・・。

そんな事に気付けたのも


ーーーーーーーーーーーーーーー

わが子に幸せな人生を

歩んでほしかったら、

子どもが望むことを

自分が喜んでできるだけやればいい!

ーーーーーーーーーーーーーーー


この考え方のおかげです。

もし、あなたが、

「ちょっとしんどいなー」

とか

「イライラする!」

と思うときがあったら

この考え方を

思い出してみてくださいね。

きっと、子どもだけでなく、

全ての人間関係に

応用できると思います^^

それでは今日も、よい1日を♪

コーチングで子育てのイライラ解消|プレシャスマミー 公式ホームページ

子育てコーチング【プレシャスマミー】が、子育てのストレスやイライラを解決!「ママである。ただそれだけで、あなたは素晴らしい」「ママであることをキャリアに」「ごめんねより、ありがとう」を理念に、もっと輝きたいママを経験豊富なトレーナー陣が応援します!