人生において子育てより子離れが大切になるとき

谷あゆみ

 
子育てと子離れと人生について私の経験から考えてみるに、
子育てより子離れが大切になるのは子どもが小学校高学年から
中学生になる頃だと思います。    
 
人生における子育てに注ぐパワーの移り変わりを見てみると、
最も力を注ぐのは3歳まで、ここまでの力の注ぎ具合を10と
すると、 そこから徐々にパワーのかけ方を緩め始め、
幼稚園時代に6、
小学校低学年で4、
高学年で2、
中学校で1、
高校で0.5。
そんな割合がよいように思います。
(お子さんがふたり、3人といる場合は
下のお子さんが、 ということになります。)  
 
これは子どもと一緒に過ごす時間であり、
あるいは子どものために体、頭、心を
使っている時間でもあります。  
 
私の場合、子育てに全力投球したのは、
息子が幼稚園に上がるまでの3年間でした。  
 
生まれてから3年間は専業主婦でしたので、
毎日毎日、起きてから寝るまで(夜中も)
子どもと向き合いました。  
 
スーパーの買い物にもつれて歩き、
スイミングや幼児教育にも通い、
どこへ行くにもいつも一緒。    
 
この時期は子どもも親を最も必要とし、
親の言葉かけや愛情が最も大事な時期なので、
これでよかったのだと思っています。  
 
想定外の子育ての大変さに、忍耐力も
養われました。(笑)    
 
幼稚園に上がってからは仕事に復帰し、
幼稚園に行っている間、仕事をしました。  
 
それは子どもといるだけではストレスがたまる
私にとってはとてもありがたいことでした。  
 
小学校に上がれば、習い事なども徐々に
一人で行けるようになり、 親の手はさらに
かからなくなります。  
 
その代わりに勉強が始まりますので、
そこで少しとなりについてみてあげると
いったことも出てくるでしょうが、
そういう時間も低学年まで、 中学年にも
なれば自分でわからないことを 解決できる力を
育てることも大切なので、
あまりいつまでも手を掛けていてはいけません。  
 
高学年になればなおさらです。  
 
そうなれば、高学年からは 親は親で子離れの
準備をし、
中学に上がったら自分の人生に
ついて
真剣に向き合うことをおススメします。  
 
私もちょうど、息子が小学校6年生、中学受験の
勉強中に コーチングに出会い、人生に目覚め、
自分の夢を追いかけ始めました。  
 
今思えば実にグッドタイミングでした。  
 
それを確信する出来事が私立中学の入学式で
ありました。  
 
校長先生、主任の先生が揃いも揃って、
「おかあさんがた、ここまで本当に
お疲れさまでした。
 
ここからはもう、どうぞお子さんを
放流してください。
 

お母さんはお母さんの世界を楽しんでください。」

 
とおっしゃったのです。  
 
よほど、子どもにエネルギーを注ぎ、
そこから離れられない親が多いのでしょう。  
 
そしてそれが、子どもの自立を妨げることを先生方は
よく知っていらっしゃるのです。  
 
教育に熱心な親であればあるほど・・・。  
 
高校生ともなると、親の出番は洗濯と 食事の支度
くらいなものです。
(それも自分でやらせていいくらいです。)  
 
もう、何か相談されたときにじっくり話を聞いて
あげるくらいで、 出番は一年に数回、その程度でしょう。  
 
逆に親はそれまでに自分の人生を見つめていないと、
子どもにいつまでも依存してしまいかねません。    
 
私の息子は、高校時代の私のかかわりについて、

「ほうっておいてくれたところがよかった。」

とはっきり言っています。    

 
人生には子育てより子離れが
大事になるときがあります。  
 
子育てが一段落したら、
子どもだけでなく親こそが、
自分の人生を大切にしていいのです。
 
幼児期は真剣に子育てに取り組み、幼稚園、
小学校に入ったら 徐々に力を(手を)抜き始め、
高学年のうちに自分の人生を 見つめて子離れの
準備をし、中学に入ったら親は親の世界を楽しむ。  
 
私はこのバランスをおススメします。    

*****

おすすめの講座

無料で学べるメール講座「思春期の子どもにやってはいけない7つのこと」

トレーナーから直接学べるプレシャス・マミー講座

 

eラーニングのおすすめ講座

 

 

***************************************    
思い通りにならない子育てにイライラ、
お受験や教育の情報にあれもこれもと
翻弄されるママたちに、 手を掛けすぎない
ラクラク子育てが子どもを自立させることを
伝えるとともに、子育てを学ぶことが当たり前になり、
子育ての経験と学びを伝えることが仕事になる日本を目指す!  

子どももママも自立して輝く生き方を応援する、
プレシャス・マミーメンターコーチ 
谷あゆみ  


無料メール講座「思春期の子どもにやってはいけない7つのこと」

ダラダラしていて勉強もやる気がなさそう、
言うことをきかない、
話してくれない、
何を考えているのかわからない・・・

「うぜえ!」「クソババア!」と言われてしまった。

この先が不安で、 一体どうやって接したらいいんだろう?

そんなあなたのために、 思春期に「やってはいけない」7つのことをお伝えします。

(全7回、毎日、am7:00配信)

進学塾に通えば安心、の大間違い(塾選び)進学塾に通えば安心、の大間違い(塾選び)

不良にならない子育てってどうしたらいい?不良にならない子育てってどうしたらいい?

関連記事

  1. あなたが願った通りの 子どもには育たない!?[小…

    おはようございます。グレーゾーンかもと宣告された 子どもを尊敬し楽し…

  2. 子どもの可能性をどう育てるか?

    おはようございます。認定プレシャス・マミートレーナーのやまだともこで…

  3. 子どもに「学校に行きたくない」と言われたら?

    おはようございます。さてさて。タイトルの通り、 子どもに…

  4. 子どものやる気スイッチって?[幼児・小学生ママ向…

    おはようございます!プレシャス・マミー子育てコーチングでダブル受験も…

  5. 実は、ママの我慢が子どもを不幸にする!?

    ママの笑顔は明るい太陽あなたの未来をてらす幸笑(ゆきえみ)コーチング…

  6. 自分が変わるってどういうこと?[乳幼児ママ向け]…

    おはようございます。「いいなぁ」を 「できた」に変え…

  7. 夏休みはママもJOY!

    夏休みはママもJOY!

    さて今日は、岐阜のトレーナー、浅野美弥ちゃんのコラムです。 ==…

  8. [乳幼児ママ向け]熱中症予防のおすすめ飲み物

    急な体調不良にも慌てないママになる!おうちナース育成コーチ認定プレシ…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP