中学2年、不登校もあり、スマホやゲームばかりで・・・

さてさて、先日こんなお悩み相談がありました。

============

まだ思春期真っ只中、中学2年生の男の子の母です。

学校を頭が痛いと言って休んでます。

全く勉強をしない。オンラインゲーム、スマホの長時間使用。

話し合って決めた約束はもやぶる…

子どもは、自分が生きている意味がわからない、生きていてもいい事はない、人は信じられない…など、心配すぎる発言をします。

私は自身が疲れ参ってしまい、このままではいけない、と思いました。

===========

学校にも行かず、ゲームやスマホばかりやっている息子を見て、心配しない親はいないでしょう。

お気持ちはわかります。

お会いしていろいろお伺いしました。

頭が痛い、と言っていることについては、病院に行っても特に異常がないそうで、これは心からきているでしょう。

学校で何かあったのか、と聞いても、何もないと答えるそうで、でも

「生きている意味がない。人が信じられない。」

と言っているということは、きっと何かがあったに違いありません。

学校に行くのが嫌になるくらい、きっと何かがあったのです。

それを誰にも言えずにおなかに貯めているから、頭が痛くなるのです。

学校にも行けない、生きてることの意味も見いだせない、そんな自分を責めるから、また頭が痛くなるのです。

本当は誰かに本音を話したいのに、心許せる人がいない。

親は自分の姿を見て、心配しつつもいつもダメ出しする。

親に心配をかけている自分もイヤだし、その自分にダメ出ししてくる親もイヤだ。

もうゲームやスマホにしか逃げ場がないのです。

オンラインゲームでつながっている、赤の他人でゲームの世界で話すだけの人間関係が楽なのです。

そんな状態の子どもに、親がしてあげられることは何か??

ダメ出しを一切しないで、存在をまずそのまま受け入れてあげること。

さんざん自分を責めている我が子を、一切責めないで許すこと。

興味を持っていることに興味を示してあげること。

少しでもいいところを見つけて認めてあげること。

「自分が生きている意味がわからない、生きていてもいい事はない、人は信じられない・・・」

こんなことを言う子は、おバカさんではありません。

いろいろ考えているからこその言葉です。

そしてお子さんがやっていることをきいていたら、ユーチューブに動画をアップしていると。

「何の動画ですか?」

「コーラの中にメントスを入れて、アワがすごく立つ映像とか、です。なんだか自分で編集したりしてるみたいです。」

えーーーーーーーーー!?コーラにメントス入れると泡がすごく立つんだ!!

なんとなく、わかる気がするけど・・・おもしろい。

そしてこういいました。

「そんなことを思いついて、動画をユーチューブに自分で編集してアップしてるなんてすごいじゃないですか!!

ぜひそれをほめてあげてください!!

だって今からは、フツーに勉強ができてフツーの大学に行ったところで生きて行ける保証がない時代なんです。

そうやって面白いことを思いついてユーチューブにアップできるほうがずっと生きていく力があります。

ぜひお子さんと、その動画を一緒に楽しんであげてください。

もっと面白い動画を作って、もっとアクセスを増やすにはどうしたらいいのか、そういう話をしてあげてください。

そんな風にお母さんが自分のことを受け入れて興味をもってくれたら、きっと関係が変わってきますから。」

こんなふうになる前に、きっとこのママさんは、いろいろ口うるさく息子さんのことを言っていたのでしょう。

(口うるさく言ってしまう、とご自身でおっしゃってました。)

だから、学校で辛いことがあったとしても、話せなかったのでしょう。

きっと何を話しても、自分がいけないと言われるだろうと思ったから。

我が子が自分の思い通りの行動をしないからと、監視をするような目で見ては、

あれこれ指摘する毎日を送っていたら、子どもは親に心許して話すわけがありません。

子どもの言葉や行動を否定しないこと。

子どもの中にある「よくなりたい」という気持ちを信じてあげること。

子どもの興味あること、楽しんでいることを受け入れてあげること。

そして、ほっておくこと。

私はこんなアドバイスをさせて頂きました。

お母さんが出かけるというと、息子さんはうれしそうだそうです。

そりゃー、暗くて、見れば文句を言う、文句を言いたげな顔をしている母親を見るのは、息子さんもつらいでしょう。

いないほうが気楽でしょう。

だったらママは、楽しんでるほうがいいのです。

自分のことなんてほっておいて、楽しんでくれた方がいいのです。

それは見捨てるということではなく、子ども自身の中にある成長欲求を信じて、

ママ自身が成長していく姿、人生を楽しむ姿を見せる、ということです。

大丈夫です。

ママが我が子を信じて、自分の人生を明るく楽しく過ごしていたら、きっと我が子も自分で自分の道を見つけるはずです。

そんなママにだったら、助けてほしいときは何か言ってくるはずです。

私はそう信じています。

 

夏にお引越しします。

その引っ越した先で・・・新しい講座を開講します。

「私が主役」のきらめく人生を生きる!
プレシャス・ミディーセルフコーチング講座。

お子様が思春期になり、一通り自分のことは自分でできるので、次は私の人生をきらめかせたい!!
というママにおススメ。

どうしても子供が気になってしまうので、自分がのめりこめることを見つけたいママにもおススメ。

優先案内をお届けしますので、ご興味があればエントリーしておいてください。

プレシャス・ミディ きらめきセルフコーチング講座(仮称)

 

6月22日はついに東京でのW出版記念講演会です!!

生ママプリンにぜひ会いにいらしてください。

谷亜由未・なかしまゆき出版記念特別W講演会

6月25日沖縄ミニ講演会&お茶会は、即日満席になりました!!

ただいまキャンセル待ち受付中。

通常お茶会「東大脳ラクラク子育て術ミニセミナー&おしゃべり会」in沖縄

ではではみなさん、今日も一日JOYJOYで☆

——————————————
東大脳コーチングで子育てママの悩みを解決!
プレシャス・マミーメンターコーチ 谷 亜由未

photo credit: Showers of Love (CC) via photopin (license)


無料メール講座「思春期の子どもにやってはいけない7つのこと」

ダラダラしていて勉強もやる気がなさそう、
言うことをきかない、
話してくれない、
何を考えているのかわからない・・・

「うぜえ!」「クソババア!」と言われてしまった。

この先が不安で、 一体どうやって接したらいいんだろう?

そんなあなたのために、 思春期に「やってはいけない」7つのことをお伝えします。

(全7回、毎日、am7:00配信)

3才から6才までの間に行動力とともに育てておきたい心は?3才から6才までの間に行動力とともに育てておきたい心は?

3才から6才までに脳を発達させるには?3才から6才までに脳を発達させるには?

関連記事

  1. 子ども(高1)が終電で帰って来た‼︎[中高生ママ…

    プレシャス・マミーコーチ兼 Mirai kidsコーチの 佐々木千歳…

  2. 「言わなくていい言葉」&「言ったほうがいい言葉」

    「言わなくていい言葉」&「言ったほうがいい言葉」…

    昨日柿沼百合子コーチのセッションのご案内をしたら、予想以上にたくさんのご希…

  3. まさか!魔坂?[すべてのママへ]

    プレシャス・マミーコーチMirai kidsコーチ佐々木千歳です。…

  4. 聞いてよかったです。

    聞いてよかったです。

    さて、ゾクゾクとお寄せいただいている、発達障害、グレイゾーンのお子さんを…

  5. 夏休みの自由研究

    夏休みの自由研究

    さて今日は、夏休みの自由研究の話。皆さんご苦労がありそうです。…

  6. [中学生ママ向け]イラッとしたときの処方箋

    みなさ~ん おはようございます!! 認定プレシャスマミートレーナーの…

  7. おもちゃ、どうやって減らす?

    おもちゃ、どうやって減らす?

    さて、もう大掃除はお済みでしょうか?? 年末にふさわしいご質問をいた…

  8. テレビを見ながら宿題をするんです。。。

    さて、これも講演会で出た質問です。「うちの子はいつもテレビを見な…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ
  2. 大日方紀子
  3. ぶんのひろこ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP