赤信号を渡っている人を見た時・・・その3

赤信号止まるか?渡った人を見たらどうするか?へのご意見、ご紹介します。

===========

谷あゆみさま、こんにちは。

ちょっと強い意見になってしまいましたが読んでいただければと思います。

赤信号を渡る人をみたら・・・

うちの子供(4歳、6歳)は「あー、赤信号なのに渡ってる!いけないよねー」っていうと思います。

大人でもルールを守らない人はいる、でもルールを守ることは大事なことだ、と教えます。

なので、わが家では、「赤信号は絶対に止まれ」です。

そもそも、赤信号を渡るのは法律違反です。罰則もあります。

たとえばマナーの悪い大人がいてポイ捨てを見かけ、「あれは、お行儀が悪いね、真似しないようにしようね」という類のものとは別にしなければならないと思います。

じゃあ赤信号を渡ったことがないのか?といわれれば、私個人は今まで何度もあります。

でも子供と一緒のときは赤信号は渡ったことはありません。子供の教育のためです。

堅い意見かもしれませんが、法律を守ることとマナーを守ることとはレベルの違う話で、子供に判断させる、などはもってのほか、と思います。

==========

Sさん、ありがとうございます。

そうですね、確かに赤信号を渡るのは法律違反です。

(2万円以下の罰金または科料(罰金と並ぶ財産刑 最も軽い刑):道路交通法121条1項1号)

==========

赤信号、自分一人なら渡っちゃいます。

でも、先ほどのメルマガで、なるほど、いいことをみつけられたり、ひらめいたりするかもな、余裕があるっていいよね、って思いました。

ありがとうございます♪

そして、、子どもと一緒のときはというと、渡らないようにしています。

なぜなら、こどもは、視野が狭いし、自分や車のスピードをしっかり把握していないし、予測できないと思うので、事故につながる可能性があると思うからです。

子どもはしばらくは、信号を守る、かつ、それでもその上、気を付けるということを話しています。

小さくて、車の人に見にくいから、万が一のことが起こってもいやなので。

なので、子どもの発言には「そうだよね~^^」って答えようと思います。

で、ヘンにその大人の人にぷりぷりしているようだったら、たぶんうちの子はなさそうだけど(気持ちをくんであげれば)、
「どうして渡っちゃんたんだろうね~知ってるはずなのに」と声をかけたら、きっと「急いでたのかな?」ってなるかな、なんて思います。

そうしたら、「そうだね。そういうときってあるよね~」で終わったらいいなと。

==========

こちらもSさん、ありがとうございます!

子どもに問いかけるっていうのもいいですね。

もうおひとりご紹介です。

==========

いつも楽しく拝見しています。

赤信号、私は少し考えが違ったので送らせて頂きます。

2才半の息子がいます。

私は赤信号は止まれと教えると思います。

どんなに小さい交差点で、車が来ないと思っても、もしかしたら右折とか左折とかの車がいたり(車の信号も赤だからあまり無いかもしれませんが)、直進車ももしかして見逃していたり、赤信号を子供の判断で渡らせるのは心配でできません。

赤信号を止まれと教えても、大人になれば、時と場合によっては渡ってしまうと思います。

私がそうなので…。

他の人が渡っていたら、子供には、危ないからやめようね、と伝えると思います。

私は人から「まじめだね~」と言われる事があるのですが、私の考えはちょっと固いのでしょうか?

===========

ありがとうございます。

固い、ということはないと思いますよ。

こうして見ると、大半の人が「赤信号は止まれ。渡ってはいけません。」と子どもには守るように教え、自分は車が来なければわたってしまう・・・という人がほとんどです。

渡っている大人を見た時には、

「あれはいけないんだよ。」と悪い見本として伝えるか、「急いでるんだね。」的にやんわりとスルーしつつ「危ないからやらないようにね。」と諭すか、
どちらかが多いですね。

法律というものがあって、それを破ると罰がある、赤信号を渡るのは法律違反です、と教えておくことも必要かもしれません。

私もあらためて勉強になりました。

全部ご紹介できなくてごめんなさい。

またこれからも皆さんと一緒にいろんなことを考えていきたいと思っています。

「これってどうなんだろ?」ということがあったらぜひ送ってくださいね♪

最後にもう一つご案内。

10/11(木)プレシャス・マミー入門セミナー(文京シビックセンターにて)
このセミナーを東京で私がやるのはおそらくこの1回限りです。

お子様連れでも大丈夫なので、ご興味あればお越しくださいね。
http://precious-mammy-project.jp/?p=663

ではではみなさん、今日も一日ゴキゲンで!!

——————————————-
東大脳コーチングで子育てママの悩みを解決!
プレシャス・マミーメンターコーチ 谷 亜由未

photo credit: Horia Varlan via photopin cc


「楽する子育て7つのワザ」無料メール講座

書籍「東大脳は12歳までに育てる!」ではお伝えしきれなかったこと。

プレシャス・マミー会長 谷 亜由未が子育ての悩みをすっきり解消するワザを7回の無料メール講座でお伝えします。

(全7回、毎日、am10:00配信)

赤信号を渡っている人を見た時・・・その2赤信号を渡っている人を見た時・・・その2

【号外】「メチャおもしろいです!v(≧∇≦)v」を体験してみませんか!?【号外】「メチャおもしろいです!v(≧∇≦)v」を体験してみませんか!?

関連記事

  1. 新入園、新入学するわが子のことが心配なママへ

    おはようございます。ママを笑顔にするプレシャス・マミー認定トレーナー…

  2. みのもんたさんから学ぶ子育て

    みのもんたさんから学ぶ子育て

    さて、みのもんたさんの息子さんが窃盗事件をおこし、みのさんが報道番組を降板す…

  3. 誰のための、何のための約束?

    みなさ~んおはようございます!! ママたちのお悩みで多い事の1つ…

  4. お母さん、僕の言ったこと覚えてくれてたんだね。

    おはようございます。認定プレシャス・マミーコーチ、たかはしゆかです。…

  5. 子どもの可能性をどう育てるか?

    おはようございます。認定プレシャス・マミートレーナーのやまだともこで…

  6. 成長に感動しました。

    おはようございますプレシャスマミートレーナー三浦さゆりです。…

  7. 3才から6才までに脳を発達させるには?

    3才から6才までに脳を発達させるには?

    さて、大好評、感性論哲学芳村思風先生の子育て論。 今日は3才から6才…

  8. 負けるとふてくされるんです・・・

    負けるとふてくされるんです・・・

    さて、今日はこんなご質問です。 ========= 谷さ…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ
  2. 大日方紀子
  3. ぶんのひろこ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP