算数のテストで漢字の間違い、100点!?それとも?その3

さて、やっと、100点‐Cの場合の回答です。

==========

さて、テストですが2かな。

多分、子供と一緒に悔しがると思います、「あーくやしい!おしい!もうちょっとで100点満点だったのに!!!」って子供に共感する。そして、「次、楽しみにしているよ」と。

1、3は違うかな。

だって、学生時代にテストで名前書かずに0点になったことありますから。

そしてそれを不当だとは思いませんでした。名前を書かなかった自分が悪かったって納得してました。

テストって決められたルールの中で点数を採っていくものなので、ルールを守らなかったら減点は仕方ないと思います。

スポーツでも一緒ですよね、点数を取ればいいってもんじゃない。

なので、「気にしなくていい」わけでもなく、「細かすぎる」わけでもないと思いまーす。

==========

さて、お答えですが、私なら2番に近いかな。

子供さんは落ち込んでるんですよね。

まず見せられたら100点を褒めますが、-cについて本人になぜか聞きます。

漢字が間違っていたと言ったらそこで、「そうかあ、漢字か、残念だったね。でももう次は間違わないね。」でしょうか。

どうでしょうか?

実際小学生時代はこうしてました。

息子はめったにテストなど見せなかったし、学校のことも話しませんでしたが、よっぽど悔しかったとか、笑えたとか、印象深かったことのみ言って来ていました。
(私は全く子供の学校の勉強に関して無関心を装ってました)

逆に私が先生だった場合、100点ですが、カッコ書きで漢字間違いを指摘すると思います。

しかし、小学校の先生は算数だけ教えているわけではないですしね。

漢字の間違いであっても 点や線の記号の間違いと同じですから。

実際、6.5を点を長く書きすぎて6-5に見えちゃったらたいへんですもの。

ようはこれから気をつければいいだけのことだと思います。

==========

テストの質問のこたえは。

二番にちかい言葉を子供にいってるかな?とおもいます。

まずは、百点とれたことを、ほめたい。

そこで、マイナスの点数がついてるのが、牛と午のちがいならば、先生よく、みたけたね~と。

先生もちゃんとみてくれてることをしらせて、ここまで、テストのなかみだったことを教えて、
つぎは、自分の名前をかくところも、最後の時間を書くところも、気を抜かないで丁寧にかけるようにと、話せればとおもいます。

テストでも宿題でも、いま、ひらがなから片仮名へ学んでる時期なので、子供の気分で、字も丁寧に書けるときとそうでないときと、まだあるので、
書けたときには、一字であっても、「あ!きれいだなぁ。この字!!」とほめるようにはしています。

先生の立場ならば、ただ、マイナスをつけるよりは、

「あ!、おしい!ここでないよ!」みたいに、ひとことかけたなら、ただ、マイナスの百点よりは、いいかなとかんじました。

勉強って、ほんとやる気スイッチが入るかが、だいじなのかなぁと、小一の二学期。むかえてます。

==========

お答えいただいた皆さん、ありがとうございました!!

さすがの答えですね。

さすが、というのは、-C というおまけ(?)がついていることについて、前向きにとらえて次に活かす考え方を子どもに伝えているからです。

実はこの話、実際には、お母さんは先生に苦情を言いに行き、先生はそれで「もう学校をやめる」ということになったのだそうです。
(先生はもう10年以上のベテラン先生です。)

もちろん、このことだけが原因ではなく、普段からこういう傾向があったのだと思いますが、なんだかどちらも短絡的な気がしてなりません。

出来事の受け止め方はいろいろです。

相手を責めたり、必要以上に自虐するのではなく、そのことを今後にどう活かせるのか考える、
親も先生も、そういう姿勢を子どもに見せていくことが教育ではないでしょうか?

それではでは、みなさん、
今日も一日、ゴキゲンハッピーで☆

感想、ご意見、お待ちしてまーーーす!!

——————————————-
東大脳コーチングで子育てママの悩みを解決!
プレシャス・マミーメンターコーチ 谷 亜由未

photo credit: -Snugg- via photopin cc


「楽する子育て7つのワザ」無料メール講座

書籍「東大脳は12歳までに育てる!」ではお伝えしきれなかったこと。

プレシャス・マミー会長 谷 亜由未が子育ての悩みをすっきり解消するワザを7回の無料メール講座でお伝えします。

(全7回、毎日、am10:00配信)

算数のテストで漢字の間違い、100点!?それとも?その2算数のテストで漢字の間違い、100点!?それとも?その2

爪先立ちの効果爪先立ちの効果

関連記事

  1. みのもんたさんから学ぶ子育て

    みのもんたさんから学ぶ子育て

    さて、みのもんたさんの息子さんが窃盗事件をおこし、みのさんが報道番組を降板す…

  2. 子供の良い所がすぐに見つかるコツ [小学生ママ向…

    プレシャス・マミートレーナーで「ない」からカタチにする、ポリマークレ…

  3. [小学生ママ向け]お母さんはわすれんぼ

    みなさ~んおはようございます!!認定プレシャスマミートレーナーの…

  4. ぬれた靴下、どうするか?

    ぬれた靴下、どうするか?

    さて、毎週土曜日は大阪のトレーナー、なかしまゆきさんのコラムです!!…

  5. 2年生で言われている課題

    おはようございます。認定プレシャス・マミートレーナーじゅんじゅん…

  6. 嘘と言い訳ばかりするわが子。どう対応すればいい?

    嘘と言い訳ばかりするわが子。どう対応すればいい?…

    おはようございます。シルバーウィークも終わりますね。お子…

  7. 旦那様が快く送り出してくれるようになった理由

    旦那様が快く送り出してくれるようになった理由

    さて、昨日は一日、プレシャス・マミートレーナー養成講座をしていました。…

  8. [小学生ママ向け]DよりYでいこう!

    おはようございます。小学1年生ママ応援コーチ認定プレシャス・マミート…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP