早期幼児教育はしないほうがいい?

さて今日も読者さんからのご質問です。

==========

引き続き、親の影響と
勉強のモチベーションにまつわる
質問です。

「人は思い込みによって生きている」

「小さい頃からの習慣が当たり前を作り、
 その当たり前が
 1番居心地の良い状態となる」

よって、子供の世界は
親が与える環境により決まる…

と私は判断し、
勉強をする事を習慣とし、
それが、当たり前の世界になり、
快適ゾーンに入ってくれれば
勉強しない事が
不快となるんじゃないかと狙って
小さい頃から
習い事三昧の環境にさせています。

かといって
ガチガチの勉強ばかりではなく、
公文の英国算、ピアノ、
スポーツ、パソコンなのですが
(ガチガチになりますか?)、

本人も楽しく行っていますし、
勉強の挫折も時々あります。

小さい方が吸収も早いし、
いろいろ触れておく方が
後々学校で習うにしても復習となり
確実に身につき、
自信にもなるんじゃないか、と。

大きくなってからだと、
慣れていない為に不快ゾーンに入り
苦痛になるんじゃないか、と。

気になるのは、
早期幼児教育はしない方がいい
という育児本です。

小さい頃は遊びが勉強であって、
体力つけておかないと
勉強もへばる、とか。

小さい頃に
しっかり遊んでおかないと、
人とのかかわりが
出来ない子になる、とか。

いろいろ言いますよね。

その辺の
「これから先、15年は
 勉強が生活の基本になるから
 快適ゾーンになるように」
という親の狙いと、
「子供は遊びから生き方を学ぶ」
との兼ね合いが分からないのですが、
どうもってきたらいいんでしょうか?

今年から小学生になった
女の子なのですが。

学校が終わると習い事があり、
水曜、土日だけは習い事がないので
習い事ない日だけ
思い切り遊びの自由をあげれば
大丈夫ですかね?

=========

Yさん、
ご質問ありがとうございます。

早期幼児教育を
やったほうがいいのか、
やらないほうがいいのか、

専門家ですら
いろいろな意見があります。

ということは、
正直どっちがいいか
わからないっていうことです。

あーーーーら、
なんていい加減な答え。。。

でも実際そうなんですから。

同じ働きかけをしても
子どもが違えば結果が違い、

同じ子どもでした場合と
しなかった場合を
比べることはできないので、

なんとも言いようがないですね。

それに勉強だって、
毎日イヤイヤ
やらされ感満載だったら、
それは不快の感情が続くわけで、

人は「快を得る」か
「不快を避ける」かで
行動を選択しているので、

いつかは不快を避ける、
つまりは「勉強なんかしない!」
となる可能性もあるし、

ずっと勉強なんてしなかったけど、
学校に入ってやってみたら
面白くて仕方がないから
勉強大好き!

になる可能性だって
おおいにあるのです。

外遊びの中にも
先日のメルマガのように
前頭葉を鍛える要素は
たくさんあるのだし。

ようするに、
早期幼児教育をするかしないかより、

その子自身がどういう気持ちで
それに取り組んでいて、

どういうセルフイメージを
つくっていっているか、

そっちの方が大事だと思います。

習い事でも
お子さんが本当に喜んで通っていて
ムリしているようでなければ、
習い事のない日に
外遊びをがっつりすれば、
いいのではないでしょうか?

読んだ限りでは、
遊びも習い事も
両方やっていらっしゃるようなので
問題ない、と思います。

結局その子のタイプと、
ママの教育方針ですね。

習慣づけという意味からすれば、
今1年生でこれまで何年も
やってきたとしたら、
もうできているはず。

来年あたりから徐々に、
何をどのくらい
どんなペースでやるのか
本人に任せてもよいかと思います。

(これもお子さんによって
 時期は異なります。)

ちなみに私は1年生以降、
息子の勉強を管理したことは
ありません。
(学研教室をやったときは
 息子にもその宿題などは
 だしましたが。)

ということで、
今日はメルマガ読者さんの中で
集まっていただいた、
プロジェクトミーティングの2回目
です!

ワクワク☆

終わったら、
初の東大学食ランチ!
に行ってきまーーす。

東大学食でランチ会、
なんてどうですか~?笑

参加したいですか?

ではではみなさん、
今日もゴキゲンな一日を☆

——————————————-
東大脳をラクラク育てたいママの味方
プレシャス・マミーメンターコーチ 谷 亜由未 
photo credit: Stacy Spensley via photopin cc


「楽する子育て7つのワザ」無料メール講座

書籍「東大脳は12歳までに育てる!」ではお伝えしきれなかったこと。

プレシャス・マミー会長 谷 亜由未が子育ての悩みをすっきり解消するワザを7回の無料メール講座でお伝えします。

(全7回、毎日、am10:00配信)

前頭野を鍛えるには?前頭野を鍛えるには?

東大学食ランチ☆東大学食ランチ☆

関連記事

  1. 子どもが帰ってくるとイライラ。こんなママいません…

    おはようございます。   子育てコーチングを プレシャス・マ…

  2. 千差万別!万歳♪

    千差万別!万歳♪

    今日から9月に入りましたね。めっきり涼しくなり、既に夏の日差しが恋し…

  3. 聞いてよかったです。

    聞いてよかったです。

    さて、ゾクゾクとお寄せいただいている、発達障害、グレイゾーンのお子さんを…

  4. 自分が変わるってどういうこと?[乳幼児ママ向け]…

    おはようございます。「いいなぁ」を 「できた」に変え…

  5. やる気スイッチって色々です

    やる気スイッチって色々です

    おはようございます シルバーウィークも終わり。 もうすっかり秋ですね…

  6. 【ご報告】活動を終了します。[小学生ママ向け]

    おはようございます。  プレシャス・マミートレーナーで元・怒…

  7. 子供の癇癪にお悩みの子育てママ必見!ピタッと止む…

    おはようございます。 認定プレシャス・マミートレーナーでデコレー…

  8. 「走らないで!」って言わないで!

    おはようございます☆☆母は太陽☆プレシャス・マミー 認定コーチの…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP