あり方って何でもいいの?

さて、先日の「あり方が大事」というメルマガにご質問いただきました。

==========

いつも楽しみにしています。

あり方について質問です。

あり方は信念なのでしょうか?

谷さん話されることは大好きで楽しくて、プレシャスマミーの通信も受講しました。

あり方もそうなればいいなあと思います。

しかし、会社で信念が強すぎて周りがついていけなくなる上司を目の当たりにしました。

(彼は介護主任で私は栄養士で、彼の揺るがないところは尊敬していたのですが、日に日になんか違うものになっていくような気がして、フォローができなくなりました。結局、そのまま出産のためわたしは退職しました)

どういうふうに思われますか?

いまだに気になって良い風にもっていけなかったことがとても心残りだったのでメールしました。

==========

Oさん、ありがとうございます。

信念とあり方、は似て非なるもの。

あり方はあくまで、自分自身のことに対する自分の考え。

信念は辞書では、「正しいと信じる自分の考え」なので、世の中のあらゆることに対して「これが正しい(よい)」という自分の考え、という違いです。

信念はあくまで「自分が正しいと思っていること」なので、信念が強すぎてついて行けない、ということは、その信念に周りの人が共感できていなかった、ということになります。

具体的にどういうことについて行けなかったのか、それはわからないですが、信念にしろあり方にしろ、リーダーのそれに周りの人が共感することによって「受動的」が「能動的・自発的」に変わり、チームに一体感が生まれて高い成果が得られるのです。

だからリーダーにとって一番大切なことは「自分の信念、あり方に対して、周りの人の共感を得ること」だと言えるかもしれません。

人は、その人の「あり方」について行くのです。

ただし、リーダーの信念やあり方に周りがついて行けなくなったからと言って、いつもリーダーに問題があるとは限りません。

リーダーが自らのあり方の間違いに気づきそれを変えた時、今までついてきてくれていた人たちが離れていくこともあります。

より良いあり方に変えたのに、人が離れていく・・・

でもそれは一時的な「好転反応」であって、組織を改革するときには起こりうることなのです。

結果としてその後、以前よりもその組織やチームの士気が上がり、生産性や業績が上がっていれば、それは必要なことだったといえます。

Oさんがこのリーダーについて行けなくなった理由を考えた時、そこにあるのはOさん自身の「〇〇とはこうあることが正しい。」という信念です。

それにそぐわないから、ついていけなくなったのです。

その信念を見つめてみて、「やっぱりそれは正しい。」と自分の信念を固めることができたら、そこで一つ、自分の軸がはっきりしたことになりますね。

私たちの選択には必ず何か、基準があって、それは自分の中にある信念なのです。

その信念が確固たるものである人を「軸がある」といい、その人はブレないのです。

ということは、信念やブレない軸がある人になりたい、と思ったら、様々な選択のシーンで自分を見つめ、なぜそれを選ぶのかを考え、選んで実践した結果を検証して「やっぱりこれだ。」という経験を重ねる必要があるということですね。

つまり、「考えること」と「行動すること」なしに、信念も軸も強くはならない、ということです。

んーーーー、どうでしょう?

今日は深い話になりました。

子育てに正解はありませんが、子育てに対する自分の信念ははっきりさせたいですね。

私の子育てに対する信念は、「親が手を出しすぎない。子どもは自分で自分の人生を切り開いていく力を持っている。多少の苦労があっても、それは必要なことと見守る度量が親には必要。大丈夫!目的をもってこの世に生まれた子どもたち。どんな道をたどっても、最後はすべてつじつまがあるようにできている。」です。笑

みなさんのご意見、ご感想をお待ちしていますね!!
(↓こちらからお願いします♪)
https://precious-mammy.heteml.net/mailmagazine/?page_id=565

今日も楽しい一日を☆

——————————————-
東大脳をラクラク育てたいママの味方
プレシャス・マミーメンターコーチ 谷 亜由未 
photo credit: Danny Perez Photography via photopin cc


「楽する子育て7つのワザ」無料メール講座

書籍「東大脳は12歳までに育てる!」ではお伝えしきれなかったこと。

プレシャス・マミー会長 谷 亜由未が子育ての悩みをすっきり解消するワザを7回の無料メール講座でお伝えします。

(全7回、毎日、am10:00配信)

本当に大切なことは・・・本当に大切なことは・・・

子どもの日!子どもの日!

関連記事

  1. なんとかなるもんだ

    先日、我が家を胃腸炎がめぐりめぐって地獄絵図でございました。…

  2. 我が家でホッとしてもらう2018年[ママ輝き]

    おはようございます。認定プレシャス・マミートレーナーの …

  3. できない、できない、という子には?

    さて、昨日の講演後に相談を受けた内容について、改めて考えて書いてみま…

  4. 子どもを愛する・認める・褒めるってどういう事?

    みなさ~んおはようございます!!認定プレシャスマミートレーナーの…

  5. 怒りんぼかあさんの変わりよう

    怒りんぼかあさんの変わりよう

    さて今日は、プレシャス・マミーの受講生でトレーナーになる気満々の、自…

  6. 言葉の力の大きさ

    おはようございます! 言葉の力ってみなさん しっていますか? …

  7. 「人格」と「言動」は分けて叱る!

    みなさん、おはようございます。  「お母さんは俺のこと嫌いなん?」…

  8. 石橋を叩いても渡れないときは。[ママ輝き]

    おはようございます! 男の子兄弟ママの応援コーチ マッキーこと鈴木牧…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ
  2. 大日方紀子
  3. ぶんのひろこ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP