女性活躍推進、起業家ブームの功罪

おはようございます。

プレシャス・マミーメンターコーチの
谷亜由未です。
 
 
最近改めて気づいたことがあります。
 
 
 
私は

「幸せなおかあさん」

になりたかったんだな、ということ。
 
 
 
若いころから一番なりたかったのは、
 
 
「おかあさん」
 
 
23歳で結婚し、26歳で息子を出産し、
 
その夢は形としては叶ったのです。
 
 
 
でも結婚から13年目、
 
 
突然夫からの離婚宣言。
 
(注:ここでは食い止めました。)
 
 
 
その出来事から私は、
 
 
「女も経済的に自立していないと
 
 人生が選べない」
 
 
と思い、
 
おかあさんでいることより、
 
仕事をして自立することを
 
目標に変えてしまいました。
 
 
 
とにかくプレシャス・マミーを大きく
すること、
 
 
それだけのために、
 
自分の心の声、身体の声を無視して、
 
走り続けました。
 
 
 
思い通りの結果が出せない自分を
 
責め続けていました。
 
 
 
昼寝をしてしまう自分を責め、
 
夜も起きて仕事していられない自分を責め、
 
朝も早起きできない自分を責め、
 
やるべきことができない自分を、
 
だから結果が出せないんだ、と責め、、、
 
 
 
そんなことを続けていたら、
 
 
あちこちが悲鳴を上げ始め・・・
 
 
このままではいけないと、
 
自分の心と体に向き合ってみたら、
 
思い出しました。
 
 
 
「そうだ、
 
私はお母さんになりたかったんだ。」
 
 
 
と。
 
 
 
「ママである、ただそれだけで
 
 あなたは素晴らしい」
 
 
 
歌でつづったこのメッセージは
 
 
私自身に向けたものでした。
 
 
 
世の中は、女性活躍推進だの、
 
 
主婦の職場復帰応援だの、
 
 
女性の起業ブームだの、
 
 
なんだか「おかあさん」でいることが
 
 
どんどん軽視され、
 
 
社会に出てお金を稼がないと価値がないと
  
思わされるような風潮があります。
 
 
 
もちろん人間には
 
それぞれ特性がありますから、
 
働くことが向いている人もいるし、
 
今世思いっきり仕事をする、と
 
決めて生まれてきた魂もあるでしょう。
 
 
 
そういう人たちにとっては、
 
この風潮はプラスですし、
 
能力があるのに女性だから管理職になれない
という制度は不平等なので、
 
もちろん良い面もあります。
 
 
 
ただ、もしもあなたが
 
周りを見て、世間の風潮に流されて、
 
「おかあさん」である自分に
 
価値を見出せなくなって、
 
「なにかしなくちゃ!」
 
と駆り立てられるような気持ちに
 
なっているとしたら、
 
 
 
「そんな必要はないですよ。」
 
 
 
と私はメッセージを送りたい。
 
 
 
子どもを産むことは、男性にはできない。
 
お乳は、お父さんには出せない。
 
 
女性には女性の役割があり、
 
女性だからやれることがある。
 
それは差別ではなく、
 
男女の役割の違い、区別なのです。
 
 
 
(だから育児はすべて母親がやるべき、
なんてことは言ってませんよ、念のため。)
 
 
 
母親として、
 
家族が安心して暮らせる、
 
居心地が良い家庭を作ること、
 
それは素晴らしく重要な役割だと
 
思うのです。
 
 
 
今私は、母親でありながら、
 
1人の女性として、
 
ていねいに毎日を過ごし、
 
心穏やかに、美しく生きたい、
 
と思っています。
 
 
 
そんな私の目に飛び込んできた本。
 
 
「禅の言葉に学ぶ 
 
 ていねいな暮らしと美しい人生」
 
(朝日文庫)
 
 

 
あまりにもピッタリなタイトルで、
 
「今買うでしょ。」笑
 
 
著者は曹洞宗徳雄山建功寺住職
 
枡野俊明さん。
 
 
 
これ以外にも何冊も出されています。
 
読み進めていたら、
 
こんな内容がありました。
 
***以下引用***

水急不月流

みずきゅうにしてつきをながさず

(世間に流されない)

情報があふれている社会です。

情報がたくさんあることは

悪いことではありません。

ただし、

それらを鵜呑みにして流されてしまっては、

自分自身を失うことにもなるのでは

ないでしょうか?
 
 
「女性も仕事をするのが当たり前。
 子どもを産んでも職場復帰するのは
 当たり前。」
 
 
仕事を生きがいに感じている女性にとっては
 
素晴らしい世の中になりました。
 
 
 
しかし、
 
すべての女性がそうではありません。
 
世間の波に乗り遅れまいとして
 
必死で子どもを預けて仕事をする。
 
帰りはいつも遅く、
 
子どもは暗い保育園で待っている。
 
かまってあげる時間もなかなか取れない。
 
子どもに寂しい思いをさせてまで、
 
世間の波に乗る必要があるのでしょうか?
 
それが自分にとっての幸せなのでしょうか?
 
私たちに必要なのは、
 
もう一度立ち止まって、
 
世間の波から離れたところで
 
自分の幸せを考えてみることです。
 
幸福感は一人一人違うものです。
 
あなたのシアワセの波は、
 
あなたにしか見えないのですから。
 

***引用ここまで***
 
新聞、ニュース、ネット上に
流れている情報は、
すべてが真実ではありません。
 
(ほとんど真実ではない。)
 
発信側、発信者のエゴにまみれているものが
ほとんどです。
 
(注:すべてのエゴがよくないわけでは
 ありません。)
 
 
どうぞあなたの内側に意識を向けて、
 
自分に問うてみて下さい。
 
 
「私は本当の本当は、何を望んでいるの?」
 
 
魂の望みを確かめるサポートは
 
こちらでご案内しています。
 
↓ ↓ ↓

【魂の喜びを知るLINE@メッセージ】

https://line.me/R/ti/p/%40oqt8836z

谷亜由未のセミナー、イベントのご案内は

こちらから。

http://purins-cafe.com/

ではでは今日も

自分を愛して

家族を愛して

地球を愛する一日を♪

プレシャス・マミー

谷亜由未


「楽する子育て7つのワザ」無料メール講座

書籍「東大脳は12歳までに育てる!」ではお伝えしきれなかったこと。

プレシャス・マミー会長 谷 亜由未が子育ての悩みをすっきり解消するワザを7回の無料メール講座でお伝えします。

(全7回、毎日、am10:00配信)

幼い小6のわが子が心配[小・中・高校生ママ向け]

子供に当たってしまった時の対処法

関連記事

  1. 今日は2018年12月31日です。[ママ輝き]

    おはようございます!   男の子兄弟ママの応援コーチ 認定プレシ…

  2. アンパンマンが伝える目的意識。

    アンパンマンが伝える目的意識。

    昨日の台風は大丈夫でしたか?なんだか自然災害が多い近年です。…

  3. 谷亜由未

    思春期、これもほっておくべき?[小中学生ママ向け…

    おはようございます♪       プレシャス・マミーメンター…

  4. 褒めまくれ

    みなさん、おはようございます。今日のテーマは「褒めまくれ」で…

  5. 3.11何を思いますか?

    今日は3月11日ですね。今、どこで何を思っていますか?6年前…

  6. なまえのパワー

    おはようございます!プレシャスマミートレーナー三浦さゆりです。 …

  7. 不恰好な私もハナマル!

     おはようございます!今日の自分も好きでいる☆毎日まんまるコーチング☆…

  8. 子育てママの夢と目標。

    あけましておめでとうございます。男の子兄弟ママの応援コー…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ
  2. 大日方紀子
  3. ぶんのひろこ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP