挑戦したことを認めよう!

 
おはようございます。
認定プレシャス・マミーコーチ、石田映子です。

今日もプチっと応援していただけると、
嬉しいです!!

10月も終わり。
秋の気配があちこちで感じられますね。

私は最近、ふとしたことがきっかけで、
ラジオに出演させてもらっちゃいました。
初めてでしたが、思い切ってお誘いに乗ってみてよかったです。

それは「やってみた」ことを「認めてもらえた」から。

今日は「挑戦」を認めるということについて、
書いてみました。

***

子どもが何かに挑戦した結果、うまくできた時、
私たち親は「できたね!やったね!」と褒めます。
子どもも嬉しいし、親も嬉しいです。

では、うまくできなかった時は、どうでしょう?
「なんでできなかったの?」
「惜しかったね」
「練習が足りなかったね」
「お友達はできたのにねぇ」
こんな言葉をかけてしまいがち。

でもね、考えてみてください。
もし、あなたの仕事上での挑戦や、
初めて作ってみたお料理に対して、
同じことを言われたら、
どんな気持ちがしますか?

せっかくやったのに
私なりに頑張ったんだけどなぁ
わかってもらえないんだ

とか、思いますよね。

この人にはわかってもらえないんだ、と残念に思いながら、
相手に「私のことを理解してくれない人」というレッテルを
はってしまうことも、あるかもしれません。

子どもだって、同じ。
自分のがんばり、挑戦を、親にわかってほしいんです。
結果が失敗だったとしても。

だから、
「がんばっていたね」
「見ていたよ!」
と、挑戦したことや、プロセス、
できていたことに注目して、言葉にしてみましょう。

自分に置き換えて考えてみても
「見ていてくれたんだ」
「わかってもらえた」
と嬉しくなりませんか?

その上で、次はこうしてみたら?こうしたら
もっとよくなるよ、と伝えると、
よーし!と活力になります。

***

子どもに対する声のかけ方って、
大人の社会でも同じです。

私は子どもに対する接し方を学んで、
もちろん娘に対しても役に立ちましたが、
仕事で大人に対しても活用できることに気づき、
びっくりしました。

子どもの気持ちになってみよう、と言われても
ピンとこない場合は、自分に置き換えてみると、
意外とわかったりもします。

大人も子どもも、人はみんな誰かに
「認めてもらいたい」んですよね。

だったら、認め合いましょう
きっとみんな、嬉しくなりますよ。

石田映子のブログはこちら▽
http://lohasmile.net/

子育てと自分を学ぶ学校 プレシャスカレッジ
無料メルマガ『プレシャスマガジン』

photo credit: Daddy-David Swinging in the Fall via photopin (license)


「楽する子育て7つのワザ」無料メール講座

書籍「東大脳は12歳までに育てる!」ではお伝えしきれなかったこと。

プレシャス・マミー会長 谷 亜由未が子育ての悩みをすっきり解消するワザを7回の無料メール講座でお伝えします。

(全7回、毎日、am10:00配信)

今週のプレシャス・マミー vol.56

私がプレシャスマミーを続けているわけ

関連記事

  1. 友達への言い方がキツイ小学生女子への対処法

    おはようございます。 認定プレシャス・マミートレーナーでデコレー…

  2. 息子に成長させられる親

    ワタクシ、コミュニケーションの方法をお伝えしている身、ですが、…

  3. 旦那様が快く送り出してくれるようになった理由

    旦那様が快く送り出してくれるようになった理由

    さて、昨日は一日、プレシャス・マミートレーナー養成講座をしていました。…

  4. 子育ては〇〇を捨てるお勉強

    子育ては〇〇を捨てるお勉強

    さて、ブログにも書いたのですが、こんなシングルマザーさんがいました。…

  5. よくほめているというママが陥りやすいワナ

    よくほめているというママが陥りやすいワナ

    今日は私から、 「よくほめているママが陥りやすいワナ」についてご紹介…

  6. 怒る→叱るへの転換法[乳幼児・小学生ママ]

    おはようございます。プレシャス・マミー コーチ養成トレーナー小林…

  7. オリンピック

     みなさん、おはようございます。パパの愛が日本を救う!プレシャス・ダ…

  8. 集中すること!

    集中すること!

    さて今日は、前回のメールで「お子さんの集中すること、教えてください。…

最近の記事

  1. ぶんのひろこ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP