私のこれまでと今[パパ輝き]

こんにちは。
プレシャス ダディの大丁です。

 

今日は、娘が生まれてからのことを
振り返ってみたいなと思います。

 

思い起こせば、上の娘が生まれる前の
マタニティー教室、

「面倒だけど仕方ない。」

そんな気持ちで参加したのですが、
会場でご高齢の紳士がものすごく真剣に
参加されていて、その姿に刺激を受けた
ことを覚えています。

 

二人の娘はいずれも立ち会い出産。
のはずでした。

 

最初の娘は、「どうせ今日は生まれないだろう。」
そんな気がして、分娩室のとなりで陣痛に耐える
妻の横で会社へ電話。

 

出社する旨を伝えると、上司に「そこにいなさい!」
とピシャリ。

 

私が立ち会う中、娘はその日の夕方に生まれてくれました。

 

下の娘は、あっという間に生まれました。
産気づいた妻を病院へ送り届け、その足で私が長女を
妻の実家に預けたら、もう生まれていました。

 

私は立ち会えませんでしたが、無事に生まれて
くれてホッとしました。

 

話は少し脱線しますが、妊娠や出産に限らず、
世の中の様々な場面で女性は人類社会の
パートナーとして、大きな貢献を
果たしていると感じることが多くありますね。

0 才から 2 才

妻から「いま見ておかないと、二度とないよ。」
と脅されながら子育て参加を促されていました。

 

疲れた体に鞭打って子供と過ごしていると、
確かにそれを実感することが多かったですね。

 

腕にすっぽり収まる娘をお風呂に入れたり、
オムツを替えたり。散歩、ボール遊び。

 

週末のたびに新しいことが出来るように
なっている子供たちから、大人も含めて
誰もが日々前進しているのだと力強く
伝えてくれている気がしました。

 

娘がそれぞれ 2 才になると、子供と
私のふたりで旅行に行きました。

 

この旅行は私が子供のキャラクターを
理解する上でとても助けになりました。

 

普段お子さんと接する機会が少ない
お父さんには、とてもおすすめです。

 

夫婦で趣味だったサーフィンを止めて
私がカメラを学び始めたのは、
上の娘が 1 才になったころでした。

3 才から 5 才

お友達やそのご両親、保育園や幼稚園の先生方
との人間関係の広がりが生まれると同時に、
様々な病気や怪我も経験しますね。

 

上の子も下の子も、この時期には次から次へと
風邪などの病気にかかり、家族の誰かが
体調を崩している状態が数ヶ月続くこと
もありました。

 

あの時期は仕事と看病の両立が大変苦しかった。
でもおかげで今では丈夫な子に育ってくれました。

 

私が子供として体験した子育てと、私が
父親として体験する子育てとのギャップに
苦しみ、谷あゆみの無料講演会に
参加したのもこの時期です。

6 才から9 才(現在)

子供も小学生になり、集団生活の中で成長も
次の段階へと進みます。

 

大勢の先生や様々な成長度合いの子供たちに
囲まれ、娘自身が揉まれて成長していく姿を
見せてくれます。

 

ここでの失敗や苦労が、自分の本当に
やりたいことを選んで生きていく力になると
信じて、大人の目線で先回りせず、その
時々の娘の気持ちと判断をできるだけ
尊重しようと考えています。

 

様々な言葉を覚え、知恵も伸びてくるので、
彼女たちの交渉術に舌を巻くことも少なく
ありませんが、それは私にとって
素晴らしい経験のひとつです。

 

娘の判断を信じる。

娘の意思を尊重する。

娘の気持ちを受け止めて支える。

 

そしてなにより私自身が明るく、
朗らかでいられる。

 

そんな関わり方を心がけています。

さて、今日まで妻は、時に自分の限界を超えて
子供達、家族のためお母さんを続けてくれています。

 

時には孤独を感じたり、心が弱り果て、
「もう耐えられない!」と現実を壊して
役目を放棄したくなることもあると思います。

 

それでもお母さんの役目を引き受け続けて
くれているのですよね。

 

お母さんの皆さん、この瞬間も、お母さんの
役目を引き受けてくださり、本当にありがとうございます。

 

お母さん自身の輝ける未来。

ワクワクすること。

元気になること。

 

これもどうか大切になさってください。
そして、小さくてもできることからぜひ
行動してください。

 

プレシャス マミーは全力で応援しています。

 

最後に私のことを少し。

 

私は今日まで、社会人として割と変化の
激しいところを経験してきました。

 

また、体の病として 6 年前に胆嚢摘出を
経験しました。自らを後回しにして、
周囲に合わせ続けることに偏りすぎた結果の、
体の警告だと受け止めています。

 

臓器をひとつ失ったことを契機に、私は
自分の働き方や家族との関わり方を見直す
試みを始めました。5 年前からスタートした
そのプロジェクトは偶然の出会いを
次々と生み、今日に至ります。

 

これからも、社会は気候変動や人口減少、
それに伴う様々な課題を乗り越えるために
変化していくでしょう。

 

私たち大人にとって、未体験のチャレンジが
数多く待ち受けていますね。

 

子供達はきっと、その多くを、それが当たり前と
して生き、さらに先にあるチャレンジを、
ワクワクを手がかりに乗り越えていくでしょう。

 

今日より明日、明日より明後日、より良い循環が
周囲を取り巻くよう、私自身がワクワクを大切に
して社会貢献を続けること。

 

今の私にはこれが最高の生き方です。

 

さて、この先の私はどう変化していくのでしょう。
とても楽しみです。

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。

感謝を込めて。

次回もどうぞ宜しくお願いします。

Photo by Tim Bish, Aaron Mello, Nathaniel Tetteh, Jeremy Bishop, Eric Patnoudes on Unsplash.


準備できてます?[乳幼児ママ向け]

[小学生ママ向け]親子で勉強の時間を楽しめる秘訣

関連記事

  1. 石橋を叩いても渡れないときは。[ママ輝き]

    おはようございます! 男の子兄弟ママの応援コーチ マッキーこと鈴木牧…

  2. 主治医に伝えたいこと〜うんちとおしっこ〜[乳幼児…

    急な体調不良にも慌てないママになる! おうちナース育成コーチ、 認…

  3. [ママ輝き]ハピママフェスタのママのパワー

    おはようございます!プレシャス・マミー子育てコーチングでダブル受験も…

  4. [小学生ママ向け]休憩中も注意が必要

    急な体調不良にも慌てないママになる!  おうちナース育成コーチのやぐち …

  5. [ママ輝き]壮大だけど、実現する夢

    おはようございます!男の子兄弟ママの応援コーチ認定プレシャス・マミー…

  6. 改めて、告白します[ママ輝き]

    おはようございます。「いいなぁ」を「できた!」に、ママの変革を…

  7. 受けっぱなしのセミナーが多い方へ[乳幼児ママ向け…

    おはようございます。 「いいなぁ」を 「できた!」…

  8. 谷亜由未

    中国初講演から思うこと [ママ輝き]

    おはようございます。自分に愛を家族に愛を地球に愛を愛…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP