親子関係が上下関係になってしまうと起きる最悪な未来 [乳幼児ママ向け]

おはようございます!
 
 
 
プレシャス・マミー
 
コーチ養成トレーナーで
 
宇宙人5歳男子ママ専門コーチの
 
藤畑 芙由子です。
 
 
 
「子どものことが理解できない。」
 
「何でこの子は私の言うことをきかないん
 だろう」
 
「どうして余計なことばっかりするの!」
 
 
 
そんなふうに思っていませんか?
 
 
 
もし、思っているなら
 
聞いてほしいことがあります。
 
 
 
子育てって、母親であるあなたと、
 
子どもの人間関係ですよね?
 
 
 
アドラーっていう心理学で有名な人が
 
「すべての悩みは、対人関係の悩みである」
 
と言っている通り、
 
「相手」がいて、
 
その影響を受けるから悩むんです。
 
 
 
ってことは、
 
あなたが与える影響を変えれば
 
子供も変わるし、
 
悩みも変わるかもしれない。
 
 
 
でね、人間関係において理想的なのは
 
「横の人間関係をもつこと」です。
 
 
 
そこに必要な要素は4つ
 
・尊敬
 
・信頼
 
・共感
 
・協力
 
 
 
あなたは、この4つを
 
子どもに対して持っていますか?
 
 
 
子どもはあなたに対して、
 
この4つを持っていますか?
 
 
 
お互いにこの4つの要素を持った
 
親子関係が作れたらいいと思いません??
 
 
 
親子関係って上下関係じゃないの?
 
って思ったりしました?
 
 
 
「子どもは親の言うことを聞くべき」
 
「親は子どもを管理しなければならない」
 
「子どもは何も知らないから、
 
 親が教えてあげなければならない」
 
 
 
もしあなたがそう思ってるなら、
 
その考えは、上下関係ですね。
 
 
 
あ、これ過去私もそう思ってたから、
 
その気持ちもよくわかります。
 
 
 
だって、子どもが小さいうちは、
 
親の世話や保護も必要ですもんね。
 
 
 
子どものこと心配だし、
 
苦労もしてほしくないですよね~。
 
 
 
でもね、そのままいくとどうなるでしょう?
 
 
 
子どもが小さいうちは、
 
脅したり、力づくで言うことをきかせる
ことも
 
できるかもしれません。
 
 
 
その結果、
 
子どももそうしていいんだと思って、
 
周りの人に同じようにするでしょう。
 
 
 
上下関係ができていると、
 
上の立場のあなたが、
 
下の立場の子どもを、
 
怒る、叱る、指示するをしますよね?
 
失敗したら責めちゃいますよね?
 
 
 
その結果、子どもは大事なことを
 
あなたに話せなくなります。
 
嫌な思いをしたくないから。
 
子どもの一大事にあなたが
 
関われなくなっちゃいます。
 
 
 
親を敵もしくは強者と感じて、
 
家庭が安心安全な場所だって思えずに、
 
信頼関係を築けない。
 
 
 
その結果、
 
子どもとの溝が深まり、
 
反抗的になるか、親の顔色をうかがう子に
なります。
 
 
 
そうなってから、
 
子育ては苦しいだけで全然楽しくない。
 
私のやり方が間違ってたのかな。
 
 
 
そう思っても、時を巻き戻すことは
 
不可能なんですよね~!!
 
 
 
だからね、
 
「今」子育てを学ぶことが大事!
 
早ければ早いほどいい!!
 
 
 
もちろん
 
「子育てってお金をかけてまで学ぶもの
 じゃない」
 
「ただでさえ忙しいのにそんな時間
 取れない」
 
「効果があるかわからないし・・・」
 
と受けない理由を探すのは簡単です。
 
 
 
でも、
 
一生活かせる知識を得るのに、
 
ホントにお金も時間もかけられませんか?
 
 
 
それにね、
 
あなたがしてる子育ては、
 
ホントに自分の子どもに合ったものですか?
 
 
 
子育てって、自分が親からされてきたことが
 
スタンダードだったりします。
 
 
 
もちろん、自分の親も自分を愛情かけて
 
育ててくれてはいるんだけど、
 
時代も違うし、
 
実はそれはスタンダードではない、
 
かもしれません。
 
 
 
私の場合はそうだったんです。
 
過保護に育てられてて←当時は自覚なし!
 
それが普通だと思ってやろうとしたら、
 
息子は全然言うことを聞かなかったんです。
 
 
 
子どもの話の聞き方とか、
 
自分の気持ちの伝え方とか、
 
ママが笑顔でいることが1番とか、
 
衝撃的なことだらけでした。
 
 
 
効果があるかどうかは
 
やってみなくちゃわかりません。
 
 
 
今苦しいんですよね?
 
何かを変えたいんですよね?
 
 
 
変わろうと決める気持ちと行動があれば
 
絶対に変われます。
 
 
 
子育てから不安や不満をなくして、
 
楽しみたいなら、
 
うまくいってない今と
 
同じことをしてちゃダメなんです。
 
 
 
「同じ事を繰り返しながら、
 
 違う結果を求める事を狂気という」
 
 
 
って、過去の偉人も言ってますから。
 
 
 
私は、「プレシャス・マミー」で
 
子育てを学んで、
 
子どもと自分が別の存在だとわかり、
 
どんなふうに関わればいいのかが
わかりました。
 
 
 
自分ができてないことばかり見つけてたけど、
 
自分が頑張ってる、できてることを
見つけたら、
 
息子の頑張ってる、できてるところに
 
目がいくようになりました。
 
 
 
そうすると、
 
子どもが可愛いって思える時ができて、
 
この子は大丈夫だって安心できます。
 
 
 
私って案外いい母親じゃん。
 
子どもっておもしろい!
 
って思えて、子育てが楽しくなります!!
 
 
 
と、簡単にまとめて書きましたけど、
 
そりゃ、一朝一夕にできることではないです。
 
 
 
簡単にできることなら、
 
自分でもうどうにかできてると思います。
 
 
 
私だって、学んで実践する間に
 
数えきれない失敗もしてきましたし、
 
今も失敗することもあります。
 
 
 
でもね、だからこそ、
 
私の力、仲間の力を借りて、
 
一緒に頑張ろうってことなんです。
 
 
 
私はあなたが、
 
子育てを楽しいと思えるまで、
 
あなたならできると信じて、
 
絶対あきらめません。
 
 
 
子どもの気持ちを聞くことができて、
 
子どもに自分の気持ちを伝えられように
なります。
 
 
 
親子関係は人間関係の基本になるので、
 
子どもも、表現の仕方や受け取り方も、
 
わかるようになり、
 
コミュニケーション能力の高い子になれます。 
 
 
親との信頼関係が築ければ、
 
どんなことがあっても、大丈夫です。
 
 
 
安心安全の場があれば、
 
どんな荒波も乗り越えていくことができる
子になれます。
 
 
 
子どもにしあわせに生きてほしい!
 
自分もしあわせになりたい!
 
 
 
あなたにその思いがあるのなら、
 
ぜひ、このプレシャス・マミー講座に
 
参加してみてください。
 
▼詳細・申込はこちらから
 
https://peraichi.com/landing_pages/view/premam
 
 
 
まずはちょっと私との相性や
 
講座の感じを試してみたーいという方には
 
プレシャス・マミー1DAYセミナー
 
「子どものYESを引き出す王道ルート」
 
▼詳細・申込はこちらから
 
https://fujihatafuyuko.com/rule-of-right/
 
 
 
最後にもう1つアドラーの言葉から
 
「人は変われる、いつからでも、
 
 誰もが幸せになれる」

あなたも一緒に幸せになりましょう。

—————————————————-
このコラムはメールマガジン「プレシャス・マガジン」で配信したものです。コーチングの観点から楽する子育てをお伝えする「プレシャス・マガジン」の登録はこちらから。


「楽する子育て7つのワザ」無料メール講座

書籍「東大脳は12歳までに育てる!」ではお伝えしきれなかったこと。

プレシャス・マミー会長 谷 亜由未が子育ての悩みをすっきり解消するワザを7回の無料メール講座でお伝えします。

(全7回、毎日、am10:00配信)

中学生男子、期末試験前に思うこと

小6娘の実力テストの結果を見て、つい出てしまった親の価値観[思春期ママ向け]

関連記事

  1. 園に行くのを嫌がって泣くんです。

    園に行くのを嫌がって泣くんです。

    さて今日は最近多いご相談についてです。「幼稚園や保育園に送って行った…

  2. 食べる意欲が原動力になる!!![小学生ママ向け]…

    みなさ~ん おはようございます!! 認定プレシャスマミートレーナーの…

  3. [小学生・中学生ママ向け] 2018年度から道徳…

    おはようございます! プレシャス・マミー子育てコーチングで ダブル受…

  4. 私に聞かせてください。

    おはようございます。はじめての小学1年生応援コーチ認定プレシャス・マ…

  5. ご飯は神様

    先日家族で食事をした時の話です。息子が綺麗にご飯を食べていたら。…

  6. ラクしたほうがいいこともある

    ラクしたほうがいいこともある

    今日は大阪プレシャス・マミートレーナー、なかしまゆきさんのコラムです。…

  7. 考え方を変えてみる

    相変わらずなんでも口に入れる次女。公園に行ったら、口の中は砂だら…

  8. 子どもがウソを言った時の対処法

    子どもがウソを言った時の対処法

    さて、みなさんはお子さんがウソをついたとき、どんな対応をしていますか?…

最近の記事

  1. 吉田のぞみ
  2. 大日方紀子
  3. ぶんのひろこ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP