メールマガジンバックナンバー

[中・高校生ママ向け]愛するより信じる方が難しい

2017年8月25日(金):配信

思春期の息子に怒鳴りちらしていた母が
「理想の子育てだね!」と言われるまでに
変化した現役保育士の子育てのヒ・ミ・ツ
プレシャス・マミー認定コーチ 弓場絵美です

今期のドラマの中に
『過保護のカホコ』
というものがあります
 
ご覧になってる方もいらっしゃる
と思います
過保護のカホコ

(画像お借りしました)
 
子離れできない過保護な母親と
過保護な親の元、自分の全てを
母親に委ねて
朝起こしてもらうところから始まり
今日着る服、アルバイト等々
全てを母親に決めてもらう
これまた親離れできないカホコ
(子ども)のお話
 
それがカホコが恋をしたことで
色々と言ってくる母親に
次第に違和感を感じるようになり
自分の意思を見せ始める
 
そのカホコの変化に戸惑う母親
その親子関係の変化に敏感に気づいた
おばあちゃんが母親に助言
(母親にとっての母です)
愛するより信じる方が難しい
 
本当にそう!
 
我が子を愛してない親はいないと
思います
 
だけど、どれだけ信じていられてるのか
 
プレシャス・マミーに出会う前までの
私は毎日、ガミガミと口うるさく
怒鳴り散らしていた
 
私の思う通りに動いて欲しかった
 
思い通りにいかないとまた怒鳴って
なんだかいつもイライラしていた
 
そんな私でも子どもたちのことを
信じてる…
つもりだった
 
そう、つもり…
 
子どもを思い通りに動かそうと
していたあの頃は
信じていなかったんだと今は思う
 
信じていなかった、と言うよりは
子どものできる力を信じていなかった
 
の方が正しいかな
 
まぁ、今でも色々と言うことはあるけど
昔のように思い通りにさせようとして
言っているのではなく
 
間違ったことをしていたら
それは違う、こう思うんだけど?
こうじゃない?
と言った感じ
 
あの頃は私のガミガミが始まると
耳を塞いでいた息子も
今では俺はこう思うねんけど!
 
と自分の意見を言えるようになった
信じることができるようになったから
子どもたちとの今の関係があるんだよね