プレシャス・マガジン

心にあるトリガー[パパ輝き]

2017年10月23日(月):配信

こんにちは。
プレシャス ダディの大丁です。
今日は私の心にあるトリガーについてお話しします。

プレシャス・マミーに出会う以前の私は、
たくさんの銃を心の中にセットしていて、
いつも引き金を引く瞬間を心待ちにして
いたんだなー。

ということが、今ならよくわかります。

 

気づかないところにまだまだ心の銃が仕掛け
られていることでしょう。

「どひゃー!ここにもあったわ!」

と気づいたら、その銃をいそいそと取り外しています。

 

最近の私は、子供を頭ごなしに叱ることがほぼなくなりましたが、
長女が生まれてから小学校に上がるころまでは、とてもきつい
叱りかたをしていました。

 

そんな時は、私の感情もここぞと大爆発しています。

 

子供が泣いて「パパ緊張するから怒らないで」と懇願しても、
聞き入れませんでした。

 

そんなことがあった日は私の気分も良くありません。

 

子供が私を叱らせたことが気に入らないのです。

 

「どうしてわからないんだ!」という心境ですね。

 

しかし、皆さんご存知の通り、子供はきつく叱っても、
自分の理想の子供にはなってくれませんよね。

 

子供は、自身の人生を生きるために、生まれてきたのだから。

私も、だんだんとですが、きつく叱る自分が嫌になってきました。

 

叱らない子育てがしたいと願う気持ちが大きくなりました。

 

だって、私は褒められるのが大好きで、
叱られたり怒られるのが大嫌いなのです。

 

自分がされて嫌な事を、自分がしている姿には抵抗があります。

 

そうなると今度は、自分に対して途方に暮れる番です。

 

自分の行動が理解不能で制御不能だなんて。

 

今なら分かりますが、これ、「心の銃発見!」のお知らせなんです。

 

心の銃 = 感情を爆発させてオッケーだよ!と自分に許可している条件
条件が成立すると、瞬間的にトリガーが引かれます。

 

あとは普段この時のために溜めまくった感情を吐き出すだけです。

「俺は前も言ったぞ!!」

「俺も小さい頃から同じように叱られてきたんだ!」

「世間ではそれは良くないことだって教えられたんだ!」

「俺の痛みと悲しみを、お前も受け取れ!!」


これまで我慢してきた感情を乗せて、世界に対する復讐!
とばかりに、子供にぶちまけるのです。

心の銃は、ぶちまけてオッケーだよ!のサインですからね。

私は、いつも心の銃口を自分の子供に向けて、
トリガーを引ける瞬間を待ちわびていたのです。

 

子供は価値観にまみれていませんから、私たちが成長の
過程で押し付けられた枠組みを、簡単に飛び越えて自分を
表現してくれます。

 

「良い子であらねばならない」という価値観に縛られた僕は、
それに反応していたんですね。

 

心の銃の存在を感じてからは、

「この子は私に、自分自身を癒すチャンスをくれているんだな」

と思えるようになりました。

 

そうです。心の銃が見つかったら、そこは癒しポイントでもあるのです!

それからは、心の銃が見つかるたびに、子供に自分の体験を告白して、
辛かったことや悲しかったことを聞いてもらっています。

 

子供にとっても、親の体験やその時の気持ちを知ることで、
そこから何かを学んでいるようです。

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。
感謝を込めて。
次回もどうぞ宜しくお願いします。

Photo by Sofia Sforza, Brandon Morgan, Yosh Ginsu, Aditya Romansa on Unsplash

 



購読登録「プレシャス・マガジン」の登録はこちらから

無料メールマガジン「子育てを楽しみ、ママもパパも輝く!プレシャス・マガジン」は、プレシャス・カレッジの講師&コーチがリレー形式で子育てや自分を学ぶためのヒントをコラムにしてお届けします。
また、イベント、講座スケジュールなどの最新情報をホームページより優先的にお知らせしています。(毎朝8:00に配信)

迷惑メール防止機能をお使いの方は、<precious-mammy.com>ドメインおよびURLリンク付きメールの
  受信が可能かどうか、迷惑メール設定を事前にご確認ください。

登録後、<magazine@precious-mammy.com>よりメールが届きますのでご確認ください。

都道府県