メールマガジンバックナンバー

[乳幼児ママ向け]魔法のことば

2017年7月14日(金):配信

おはようございます。
プレシャス・ミディコーチ兼
東大脳育成コーチの佃かおりです。
 
 

最近。。。。
次男の友達に会うと、
時々、苦情を訴えられちゃいます
 
 

先日は、次男の大好きな女の子(Fちゃん)
からの苦情でした。
 
 

Fちゃん「○○くん(次男)から、
髪型へんって言われた。」

私「ぇえっ!!Fちゃんのこと、大好きなのに、
○○、そんなこと言ったの!?」

Fちゃん「それから、大人になったら、
ぶっ殺すって言われた。」

私「○○、Fちゃんのこと大好きなのに、
なんでそんなこと言うの!?」

次男「そうだ、おれ、Fちゃんのこと、
大好きだったんだ。」
「でもさー、おれは、前の髪型の方が
可愛いと思ってるんだもん。」

と。
 
 

男の子って、好きな女の子に意地悪するって、
よく言いますけど、まさにそれ。
 
 

大好きなのに、嫌なこと、言っちゃうんですね。
でも、言われた方はたまったもんじゃありません。
 
 

そこで、魔法のことばを教えることにしました。
 
 

私「変なのって言われたFちゃんは、
とても嫌な気持ちになったと思うよ。

言葉には、人をいい気持ちにさせる言葉と
嫌な気持ちにさせる言葉があるよ。

○○は、どっちの言葉を使える人になりたい!?

そうだよね、いい気持ちにさせる言葉を使え方がいいよね!?

じゃあ、ママが魔法のことばを教えてあげるね。

ありがとう
ごめんね
大好き

だよ。」

と魔法のことばを教えました。
 
 

魔法のことばは、私が、次男に合わせて選びました。
 
 

「ありがとう」は、いつも言える人になってほしい。

「ごめんね」は、次男が普段、なかなか謝れないので、
入れました。謝れないままでは、
相手に悪い印象を与えてしまいます。

「大好き」は、言われて嫌になる人はいません。
「変なの」って言うくらいなら、
「大好き」って言葉を使える方が素敵です。
 
 

こんなメッセージを伝えながら、魔法のことばを教えました。
 
 

今日も、魔法のことばを使って、ハッピーでね!!

そう言って、送りだすようにしています。
 
 

すぐには、できなくても、言い続けることで、
素敵なことばを使える子になるはずです。
 
 

友だちのこと、大好きなのに、好かれたい、
と思っているのに、真逆の言動をとってしまうんですね。
 
 

がんばれ、次男!!
 
 

*7月22日(土)14時30分〜
東大脳kidsクラス&コーチ養成講座《実践》コース
https://www.precious-mammy.com/seminar_schedule/cb-katomegumi4-withkids

*8月19日(土)10時〜12時
東大脳kidsクラス夏イベント!
コミュニケーションワーク♡親子で触れ合うハンドケア♡
https://www.facebook.com/events/250632505439663/?ti=icl

*10月〜
東大脳kidsクラス&セルフコーチングコース
https://www.precious-mammy.com/seminar_schedule/cb-katomegumi4-withkids-2