メールマガジンバックナンバー

子どもとの思い出

2017年3月23日(木):配信

名取 確

みなさん、おはようございます。

パパの愛が日本を救う! 
プレシャス・ダディトレーナーの名取確です。 

こないだも、ここ食べに来たよね!

…3年前。

前に、○○ちゃんと一緒にきたよね?!

…8年前。

こないだのさぁ、あれ、いつだっけ?!

…15年前。

時間は瞬時に過ぎていきます。

昔はじいちゃんが
「こないだ旅行に…」とか
何年も前のことを言ってるのを聞いて
何言っちゃってんだか?!

と思っていたけど、今やもう
感覚はあまり変わらない。

思い出に残る瞬間や、
出来事というのは
実は結構少なくて、
写真やビデオに残ってて
振り返る機会があるものを
記憶にあると
勘違いしてたりするものもある。

今、家族で伊豆の温泉宿に来ていて
「前にこういう素敵な旅館に泊まったのは
いつだったかな?!」
とか話していて「あぁ、あん時だ」

と、思い出した日はもはや12年前(笑)

息子と話していて彼に言われた
「2歳の時、一緒にグリーン車乗ったよね」

それ、もう3年前。

とにかく時間の流れというのは早くて
日々を大事に生きないと後悔するのは
間違いない。

後々、子どもたちと共有できて語り合える
思い出になるような旅行やイベントも
とても大事。ケチらず、稼いで行くべき!

でも、何よりも、子供達が
心穏やかに安心して暮らせる家で
過ごせることの方がもっと大事です。

楽しい旅行から帰って、玄関で第一声
「やっぱりうちが一番安心するドキドキ」
と、必ず息子が言います。

それを聞くたび
「子育て間違ってなさそうだな」
と、密かに自信が持てます。

子どもとのかけがえのない
“こないだ”
を、たくさん作りましょう。

気づいたら子どもたちと
「こないださぁ…」
なんて喋っても、一緒に
旅行にも来てくれない
お年頃になっちゃうかも?!

旅行には来れても
貸切露天風呂には、
入れなくなるだろなぁ(笑)

ではまた。

**********

★子育てと自分を学ぶ学校
【プレシャス・カレッジ】

開講スケジュールはこちら ⇒

**********