行政の子育て支援について

行政の子育て支援について

少子化を解決する方法として、誰もが思い浮かべるのが、出生率を上げることです。
しかし、それに歯止めがかかっている理由は、子育てしやすい環境ではないという現実があるからです。
「女性が子どもを産み、子育てしやすい社会と環境を作る」という目的のために、国を挙げて様々な子育て支援を本格化する必要があるのです。

平成27年4月から施工される子育て支援の新しい制度は、日本が抱える少子高齢化問題の解決策として制定されます。
夫婦共働きやシングルマザー・シングルファザーの増加により、特に働きながら子育てができる環境について、迅速な対応が求められています。

認定こども園

幼稚園機能と保育園機能を併せ持つ施設として、注目を集めています。
3歳以上が対象の幼稚園教育と、0歳児から未就学児が対象の保育園機能を同一の施設で行えるということで、利用する子供や親の多様化するニーズに対応しやすくする目的があります。

待機児童の解消

認定こども園・幼稚園・保育園に対して、国から費用面での支援を行う計画です。
それによって、指導者の増員や施設設備の拡大をし、利用児数の拡大を狙う目的があります。
また、夫婦共働きやシングルマザー・シングルファザーへの対応として、学童クラブの増加によって、働きながら子育てができる環境づくりを目指しています。

地域子育て支援の充実

童クラブ・一時預かり・延長保育・地域子育て支援事業・妊婦検診などの事業拡大を図り、地域というより近い形で子育て支援活動や子育て支援事業が行えることを目的としています。
また、インターネットの普及によって、情報の多様化も進んでいます。
子育て支援サイトの利用で、地域の子育て支援情報を得ることもできるようになりました。
それによって、子育てがしやすい環境だけではなく、子育てをするママたちの心理的なサポートや知識などの向上を図るための情報が得られるのです。

株式会社プレシャス・マミーでは、行政とはまた違った角度から子育て支援を行っています。
「子育てやママの自立」をテーマにして、子育てのワザやステップなどを分かりやすく紹介しています。
誰もがぶつかる子育てに関するお悩みは、分かりやすくすっきり解消しましょう。
子育てに役立つ情報を定期配信するメールマガジンや、無料メール講座などもございます。

お役立ち情報一覧へ