シングルマザーが抱える問題

育児相談なら

子育てに関する悩みは全てのママが抱えているものだと思います。特にシングルマザーとして育児をされている方のお悩みは深刻で、株式会社プレシャス・マミーに届くご相談メールにも厳しい内容が少なくありません。こちらでは現在日本で言われているシングルマザーには、どのような問題点があるのかということについてご紹介いたします。

低所得・貧困

シングルマザーとして頑張っているという方々が抱える最も深刻な問題として、低所得であるということが挙げられます。なぜ低所得なのかということに関してはいくつかの理由があります。まず、非専門的な臨時・パートとしての就業が多いこと、育児・福祉制度への依存度が低いことが挙げられます。育児との両立を図るために、就労形態の自由度が高い非正規労働のシングルマザーは多いです。また、現在では働きながら子育てをするシングルマザーのために、行政による給付金やハローワークでの相談窓口など様々な支援サービスがあります。本当に支援が必要な方にそうした情報が行き渡っていないという現状もあります。

仕事に就きづらい

相談所などに寄せられるシングルマザーからのご相談の中でも、就職が困難であるというお話は多いです。特に新卒の学生であっても就職難と言われる時代でもあり、お子様に関わることで勤務が不安定になる可能性があるシングルマザーは企業としても雇用しづらい現状があります。シングルマザーの就職難によって、さらに低所得の傾向に拍車がかかるという悪循環に陥っているということは否定できません。

社会からの孤立

シングルマザーの抱える問題の1つには、育児に関して周囲に相談できる場が圧倒的に少ないという現状もあります。特に地方から都市部に移住してきた方が孤立しやすい傾向にあり、「信頼できる人が周囲にいない」という深刻な状況を招いているケースもあります。株式会社プレシャス・マミーは、ママご本人に精神的な余裕があってこそ育児に成功するものと考えています。シングルマザーの社会的孤立を防ぐために、ママ同士でのコミュニティの場を広げるサービスをご提供しています。

現在では行政によるシングルマザーへの相談窓口や、カウンセリングサービスも徐々にではありますが充実してきました。株式会社プレシャス・マミーも法人企業として育児に全力を注ぐママたちの支援サービスをしています。もし、1人で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、まずは相談してみませんか?

お役立ち情報一覧へ