代表プロフィール

代表プロフィール

株式会社プレシャス・マミー 代表取締役会長 谷亜由未

谷亜由未 プレシャス・マミー メンターコーチ

塾なし家庭教師なしスベリ止めなしで東大現役合格の息子を育てた一児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。
26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。

自宅にて学習教室の運営などを経た後、
2006年6月、41歳で、人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。
コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナーや子育て講座で数多く講演。
息子が、塾なし家庭教師なしスベリ止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスした「東大脳コーチング」のプログラムを確立。

2010年3月に「ママであることがキャリアになる日本」を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。
2010年5月、「東大脳は12歳までに育てる」を出版。以後、「東大脳が育つ魔法の言葉」「中学生のやる気は親しだい」を出版。

現在、プレシャス・マミー講座、講演や研修、ママのアイデアを生かした商品開発や販売・販促アドバイス(ママ・マーケティング)を通じ、全国にプレシャス・マミーを生み出す活動をしている。

株式会社プレシャス・マミー 代表取締役社長 加藤めぐみ

プレシャス・マミーコーチ養成トレーナー
プレシャス・マミーMirai kidsクラスリーダ

大学卒業後、子供の頃からの夢であったホテル内の花屋に就職
1994年25歳で結婚・退職し、実家の眼科クリニック事務長として従事
1995年長男誕生・1999年次男誕生
子育てと仕事の両立に悩み、子育ての大変さに直面し母親としての自信を失う
2013年子供の将来への不安と自分の人生への不満で満たされない毎日を苦しく過ごしていた頃、プレシャス・マミー代表の谷亜由未に出会う。

谷の天真爛漫さ、面白さ、子育てに関する発信を見ているうちに、
「自分は変わりたい!子供の自己肯定感をあげたい!」
という気持ちになり、2014年春セルフコーチングコース受講。

「自分も夢を公言してもいいんだ。」
「好きな事をやってもいいんだ」
「私が向いている事はこういう事なんだ」

と気づく事ができ、もっとプレシャス・マミーのコーチングを学びたいと決意しトレーナー講座まで受講

2015年6月トレーナー認定
自分の子育ての経験とプレシャス・マミーの子育てコーチングを、母親達に伝える必要があると感じ、2015年10月よりプレシャス・マミー講座を開講。

2019年3月からプレシャス・マミー代表取締役社長として「全国のママを笑顔に!」をスローガンに現在に至る

PAGE TOP