プレシャス・マミーとは

プレシャス・マミーのミッション

「自分に愛を、家族に愛を、地球に愛を」

プレシャス・マミーはママたちに、

世界一の偉業である子育てをしているあなたは、それだけで素晴らしい!!
仕事をしている、していないにかかわらず、家族に愛を注ぐあなたはそれだけで素晴らしい!!
あなたがあなたであるだけで、何もかもパーフェクト!!
そんな自分にもっと自信をもって、自分を大切にして、母性からあふれる愛、笑顔を家族に注ごう!
自らも可能性を信じ、夢を持ち、それをかなえてイキイキと生きよう!!
そして愛と感謝のエネルギーを地球に循環させよう!

ということを伝える会社です。

代表あいさつ

はじめまして。プレシャス・マミーの谷亜由未です。

学長

2010年、私はこの会社を、私が経験した出来事から、ある思いをもって立ち上げました。
その経験とは、2000年に起きた、離婚騒動でした。

高校の同級生同士で恋愛結婚をした両親の間に生まれた私は、若いころから結婚するのが夢、若いお母さんになるのが夢でした。そして父親がずっと「結婚するなら自営業の相手を選べ」と言っていたので、その通り、自営業の跡取りだった高校の同級生と23歳で結婚しました。

3年後、26歳で息子を出産しました。結婚と若いお母さん、どちらの夢もかなった私は、自営業に嫁いだ妻として夫を支えるべく、いい妻、いい嫁、いい母をしているつもりでした。

ところが2000年の幕開け、事件が起こりました。夫から突然「離婚してほしい」と言われたのです。息子は小学校3年生でした。私の目の前は真っ暗になり、途方にくれました。当時、“何もできない普通の主婦”だと思っていた私には、離れてしまった夫の気持ちを元に戻すしか道がありませんでした。と同時に、強く思ったのです。「ダメだ、女も経済的に自立していなければ、人生を選べない。」

その後努力の甲斐あって、離婚は免れました。ただ私の中には「本当に私の人生はこのままでいいのか?」「もっと自分でやれることがあるのではないか?」という疑問が残りました。その問いかけが続く中、ある人の言葉から、「コーチング」に出会いました。そして2003年から学び始めると、目からうろこが落ちまくり、自分があまりにも狭い世界の中で、凝り固まった考え方で生きてきたことに気づくことができました。同時に「このコーチングを子育てしているママたちに伝えたい!」と思いました。

それから講師として独立。2006年、名古屋で会社を興し、コーチングを伝えはじめましたが、ママたちに興味を持ってもらうことはなかなかできませんでした。試行錯誤する中で、2009年、一人息子が東京大学理科Ⅱ類に現役合格してくれました。それをチャンスととらえ、2010年、「東大脳は12歳までに育てる!」という本を出版し、ママたちに子育てコーチングを伝えるこの会社、「プレシャス・マミー」を作りました。事業としては、オリジナルのコーチング講座を自らが伝えるのみでなく、講師育成のプログラムまで作り、共感してくれたママたちに一緒に伝えてもらえる仕組みを用意しました。なぜなら離婚騒動が起こった時に抱いた、「女も経済的に自立していないと人生が選べない」という悔しさが忘れられず、ママの経験、子育ての経験を活かして、このプログラムを伝えることが仕事になるようにしたい!と思ったからです。この時、プレシャス・マミーのミッションは、「ママであることをキャリアに!」と決め、「ママとしての経験を仕事にして経済的自立ができる日本にしよう!」という意味付けでした。

AI3Q7456

一方で、息子が東大に合格すると同時に、私は離婚していました。出版、プレシャス・マミー設立はその一年後、さらに半年後、東京に出ました。子育てからも家事からも解放された私は、一心不乱に仕事に打ち込みました。起業当時は名古屋、大阪、東京を行き来して、講座を開講し、講師育成をしてきました。それから徐々に仲間が増え始め、一時は順調に思えたときもありました。しかし実際には、思ったように広がらず、講師の資格を取ってくれたママたちも、なかなか自立できるほど、仕事にはならない状況が続きました。子育てや家事の片手間にやる程度で自立できる収入を得られるほど、仕事は甘くありません。講座の時間は短くても、集客のためにやるべきことは山のようにあります。でも講師になってくれるママたちは、まだまだ子育て真っ最中。私のように、全てを仕事に打ち込めるような状況の人たちではない・・・そして人は得意なことや能力が違うので、やり方を学んだとしても、すぐに同じようにできるはずもない・・・私の中には常に葛藤があり、次第に心も体も疲弊してきました。

なんとか持ちこたえながら、8年続けてきて、でもこのままではいけない、もっと何とかしないと、と思い悩んでいた2018年5月のある日、27歳になり結婚した息子夫婦が目の前で幸せそうにしているのを見て、私ははたと気づきました。私の本当の望みは、仕事をして経済的自立ができる女性になることではなく、母として、妻として、愛と感謝にあふれる日常を過ごすことではないか?と。離婚騒動の経験から、「女性も働いて自立できる日本にしなければ!」と思ってしまったのは実は逆で、本当は「働いていても働いていなくても、子育てをしているママたちが、ありのままで自分を愛し、家族を愛し、イキイキと生きられる日本にしたい!」と思えばよかったのではないか、と。あの時の私の心の叫びは、「どうしていい嫁、いい妻、いい母をしていたはずの私が、夫に不要と言われたとたんに生きていけなくなるの?おかしいじゃない。」だったのだから、嫁、妻、母という立場の人たちが、生きるのに不利にならない社会にすることがミッションなのではないか??

そう思ってみたら、1年前の夢と現実が重なる不思議な体験、半月前のなんとなく導かれたように起こした行動、昨年から今年にかけて強まったご縁のある人々、全てが私に、家族愛、夫婦愛、人類愛、全てに対する「愛」の大切さを教えてくれていることばかりでした。宇宙はずっとずっと私に、気づかせようとメッセージを送ってくれていた・・・。

私は2010年の起業以来、大きな過ちを犯してきたのです。

私が伝えるべきことは、
「女性も働いて自立できる日本に!」
ではなく、
「ママたちがありのままで素晴らしい存在であることに気づき、その愛を家族と分かち合うことで皆が幸せになれる日本に!」
だったのです。

伝えている方向が、全く逆でした。
だから行き詰まり、苦しかったんだ・・・。

私がプレシャス・マミーを通じて実現させたいビジョンは、
ネガティブ感情、恐れから生まれた利己的なビジョンから、
ポジティブな、愛から生まれた皆が幸せになれるビジョンに変わりました。

2018年6月、今現在、私が考える人としての究極のシアワセは、
特別な誰かになることではなく、ありのままの自分を愛し、そして愛され、感謝の気持ちにあふれた穏やかな人生を生きること。

この先さらに成長したら、これは変わるかもしれません。
でも今は、そう考えています。人々がそこに向かうために、何ができるのか?

人を産み育てる性として生まれた女性たちが、その母性を大切にして、自分を愛し、家族を愛し、その愛を循環させていくことができれば、きっと男性たちも喜び、子どもたちも自信にあふれ、社会は優しくなる。地球は愛にあふれ、平和になり、人類みんなが幸せになる。

ここまで考えたとき、マザーテレサの言葉が目に入ってきました。

*********

愛は家庭に住まうものなんですよ。
子どもを愛し、家庭を愛していれば、
何も持っていなくてもしあわせになれるのですよ。

あたたかい微笑み。
妻に夫に子供に、そして全ての人に微笑みかけなさい。
微笑みは愛を育てます。

世界平和のために何ができるかですって? 
家へ帰って、あなたの家族を愛しなさい。

***********

答えは、マザーテレサが教えてくれていました。

プレシャス・マミーは「ママであるあなたはそれだけで素晴らしい!ありのままの自分を愛し、家族を愛しましょう!」と伝えることで、ママから愛の循環を起こし、優しい社会、平和な地球を目指します。

谷亜由未オフィシャルブログはこちら